安益泰『愛国歌』[金管五重奏]

[audio:http://www.shinsuke.com/wp-content/uploads/2009/09/Aegukga-An-Iktae-Brass-Quintet-2009-09-17a.mp3]
曲名
Title
愛国歌
Aegukga
作曲
Composer
安益泰
An Iktae
形態
Instrumentation
金管五重奏
Brass Quintet
編成
C/O
Bb トランペット 2 本、ホルン、トロンボーン、チューバ
2 Bb Trumpets, Horn, Trombone, Tuba
演奏時間
Duration
1:10~4:00
難易度 3/5
pdf 版単価 非売品
Not For Sale
ダウンロード 安益泰『愛国歌』[金管五重奏]音源 2009-09-17a 版(演奏:森合ブラス)

依頼を受けて編曲しました。今のところ著作権保護期間が続いていますので、販売することはできません。非営利目的での演奏のみ韓国音楽著作権協会から使用が許可されている模様ですので、音源だけアップロードしておきます。保護期間が終了するのは 2015 年の予定です。

明快な前奏付きの二部構成の曲です。歌詞は 4 番まで用意されているようですので、必要に応じて 4 回までリピートして使用してください。

『展覧会の絵』より「プロムナード」

夕空。でも僕がこの曲を聴いてイメージするのは、もっとオレンジ色の夕空なんです。いい写真が見つかりませんでした。
夕空。でも僕がこの曲を聴いてイメージするのは、もっとオレンジ色の夕空なんです。いい写真が見つかりませんでした。2009-07-13 撮影。
[audio:http://www.shinsuke.com/wp-content/uploads/2009/07/promnade-2009-07-16-a.mp3]

この曲を聴くと、夕空の暗い杉の森を抜けた先にたたずむ、白い二階建ての洋館をいつも思い出します。茶色の木の重く大きな扉の、真鍮製のノブに手をかけて中に入ると、夕陽が差し込む部屋の奥に一枚の大きな油絵がかけられています。いったいどうしてこんなイメージがわいてくるのかよくわかりません。幼いころに観た「名曲アルバム」か何かの影響なのかもしれません(そういうシーンありそうでしょう?)。

クラシック音楽は、言わずと知れた西洋の、とりわけフランス・ドイツ・オーストリアの音楽です。しかし不思議なことに、たとえばベートーベンの『第九』を聴いて、僕らが異国情緒を感じるか、と言われれば、そんなことはないような気がしませんか。クラシック音楽が最盛期を迎えた頃―――つまり、江戸時代の日本の長唄や箏曲などよりも、僕たちはクラシック音楽に慣れ親しんでおり、200 年以上前の音楽であるとか、バッハと徳川吉宗が同い年だとか、日本から 1 万キロ離れた土地の音楽だとか…そういった時間や場所の問題から超越した存在として、クラシック音楽に普段触れているとは思いませんか。

しかしこの『展覧会の絵』という組曲は、僕にとって時間や場所を超越した存在であったはずのクラシック音楽というものが、やはり異国の音楽なんだということを再認識させてくれる数少ない曲なのです。いったい何がそうさせるのか…ムソルグスキーがロシア人だからでしょうか。いや、そのことを知る前から、この曲には特別な情緒を感じていたはずです。音楽についてそれなりに学んだ今、こうしてこの曲に向き合ってみると、この独特の変拍子と素朴なメロディーが、のびのびとした牧歌的な印象を与つつ、同時に和音の進行は不釣り合いにたそがれた厳かさを演出しており、この二つがミックスされて…う~ん難しい。

今回、依頼を受けてこの曲を金管十重奏に編曲しました。もうお聴きになってらっしゃる方も多いと思いますが、この記事の最初にある、灰色の再生ボタンをクリックしていただくと、演奏が始まります。演奏はおなじみの森合ブラス 😉 です。

ショパン『エチュード Op. 10, No. 3』郡山北工業高等学校八重奏(2 Fls, 2 Tps, A & T Sax & 2 Perc)

曲名
Title
エチュード Op. 10, No. 3
Études Op. 10, No. 3
作曲
Composer
フレデリック・ショパン
Frédéric Chopin
形態
Instrumentation
郡山北工業高等学校八重奏
Kohriyama Kita Technical High School Octet
編成
C/O
フルート 2 本、Bb トランペット 2 本、アルトサックス、テナーサックス、パーカッション 2 人
(ビブラフォン 1 台)
2 Flutes, 2 Bb Trumpets, Alto Saxophone, Tenor Saxophone, 2 Percussions
(1 Vibraphone)
演奏時間
Duration
4:10
難易度 6/10
pdf 版単価 ¥ 538(¥ 512+税)
ダウンロード

福島市音楽堂。ここの大ホールでリハーサルが行われました
福島市音楽堂。ここの大ホールでリハーサルが行われました

久々にホットコーヒーをいれようと思って、そういえばコーヒー豆がないことに気付きました。最近みつけたお店に注文の電話をして、久々にハイネックのインナーを出し、久々に長袖のアウターに手を通して、町を歩いてみれば街路樹もほのかに色づいています。

いつのまにか秋らしくなってきました。こうなってくると、いよいよ今年も間もなく終わりだな、という気がします。同時にまた 1 年、高校時代が遠くなるのかとも思います。あれからもう 10 年も経つなんて、なんだかさっぱり信じられません。

実はつい最近、棚の引き出しを全部外したところ、1998 年 10 月 1 日に行われた中間試験の結果が出てきました。受験者数 160 人中、152 番でした。それなりの進学校だったとはいえ、なぜこれで大学に受かったのか、これまたさっぱり信じられません。そんな僕が今じゃ子供たちにお勉強を教えているだなんて、当時の僕を知る人から見たらお笑いでしょう。

今日は音楽堂にブラス・アンサンブル輝響と弘源寺木管五重奏団の皆さんの練習にお邪魔しに行ってきました。パーカッションの方もおみえでした。練習番号ごとに演奏を止めては、皆さんもりもり打ち合わせ。ベテランのアンサンブル団体とはこのようなものなのだなと思いつつ、僕は自分で自分の編曲の粗さがしをして反省していました。

輝響の演奏会まであと一週間。輝響という名前は、桔梗の同音異字であることを意識してつけたのだとか。桔梗といえば秋の七草、輝響が秋に演奏会を開くなんて、なかなかいいタイミングじゃないですか。

ラヴェル『ボレロ』クラリネット五重奏(4 Bb Cls & Bass Cl.)

[audio:http://www.shinsuke.com/wp-content/uploads/2008/09/bolero-for-4bb-clarinets-bass-clarinet.mp3]
曲名
Title
ボレロ
Bolero
作曲
Composer
モーリス・ラヴェル
Maurice Ravel
形態
Instrumentation
クラリネット五重奏
Clarinet Quintet
編成
C/O
Bb クラリネット 4 本、バスクラリネット
4 Bb Clarinets, Bass Clarinet
演奏時間
Duration
通常 5:10、コンテスト 4:20(冒頭カット)
5:10
難易度 5/10
pdf 版単価 ¥ 630(¥ 600+税)
ダウンロード サンプル楽譜参考演奏(mp3)

輝響の練習

輝響の練習風景
輝響の練習風景

家庭教師の合間をぬって、ブラスアンサンブル輝響の練習にお邪魔してきました。この日は僕の編曲したボレロを練習するというので、僕も練習に参加することになったのでした。弘源寺木管五重奏団の皆さんもみえていて、パーカッションを除けばほぼフルメンバーに近い練習でした。

こういう練習会場に作曲者や編曲者が出向くと、そのまま練習の指揮をとることになることも多いのですが、輝響も弘源寺も皆さん豊富な音楽経験をお持ちのかたがたばかりですから、僕は質問にお答えしたり少し口をはさんだりするだけでした。

原曲よりも短いボレロではありますが、この編成にふさわしい工夫をこらして編曲しました。本番当日にどういう演奏になるのか、今から楽しみです。

ラヴェル『ボレロ』クラリネット五重奏(3 Bb Cls, Alto Cl & Bass Cl)

[audio:http://www.shinsuke.com/wp-content/2008/06/bolero-5-clarinets.mp3]
曲名
Title
ボレロ
Bolero
作曲
Composer
モーリス・ラヴェル
Maurice Ravel
形態
Instrumentation
クラリネット五重奏
Clarinet Quintet
編成
C/O
Bb クラリネット 3 本、アルトクラリネット、バスクラリネット
3 Bb Clarinets, Alto Clarinet, Bass Clarinet
演奏時間
Duration
通常 5:10、コンテスト 4:20(冒頭カット)
5:10
難易度 5/10
pdf 版単価 ¥ 630(¥ 600+税)
ダウンロード サンプル楽譜参考音源(mp3)