カテゴリー
日記

外食

先日ひさたろ君が来たときには開いていなかった桃太楼
先日ひさたろ君が来たときには開いていなかった桃太楼

朝から夜遅くまで家庭教師をして、ヘトヘトになって帰りました。夕食の準備をするのもいやだったので、彼女と一緒に外食に出ることにしました。行った先は先日ひさたろ君が来た時に閉まっていた桃太楼。え?今日は大丈夫なのかって?大丈夫に決まっているじゃないですかひさたろ君がいないんですから(笑)。

このお店は炒飯の評判がよいのですが、この日は麻婆豆腐をいただくことにしました。彼女は「上海やきそば(あんかけやきそば)」。それからレバニラ炒めもいただきました。「ご注文が決まりましたらそちらのボタンでお知らせください」と言われていたので、ボタンをポチっと。

「定休日のお知らせ」
「定休日のお知らせ」

店員さんが来るまでの間、メニューをパラパラとめくっていましたら、左の写真のようなページがありました。ひさたろ君はもう少し早く来ていたら、定休日に当たらずに済んだのに、残念でしたね。やっぱり外食産業が不況なのが響いているのでしょうか。僕たちも去年は月数回ペースで来ていたのに、四月以降はこれでやっと 2 回目ですよ。

しかし…待っても待っても店員さんが来ない。調子が悪いのかなと思い、押しなおしたところ「ピッ」とは言うものの、やはり店員さんに気づいたような気配はなし。仕方なく直接呼び出して、ボタンに反応がない事を告げると「あ、それ壊れてるんですよ」と。こらこら、さっき「押してくれ」って言ったばかりじゃないの(笑)。これも惰性かっ。

そういえば昨年、Vitz の購入話が持ち上がった時に、高校時代の友人つかだ君が、勤務するディーラーから Vitz に乗ってやってきたのが、11 月 21 日のできごとでした。その時も桃太郎に来まして、当日の日記に写真をアップロードしてありました。「もうあれから一年も経つんだってさ」と彼に告げたら、「お互いそりゃーおっさんになりますわな」と(笑)。当時の写真はまだ DoCoMo のロゴも古いですね。

ところで不思議と「外食」ってなかなかカタカナ語になりませんね。近い将来なるのでしょうか。なるとしたらなんでしょうか。英語で外食と言ったら eat out。「イート・アウト」は長すぎるし、日本語と語順が逆になるので「アウティート」→「アウティ(Outy)」とかかなあ。最近の低価格レストランは「デフレ飯」なんだそうで、案外「ソトメシ」とかでしょうか。将来どんなカタカナ語が飛び出すのか、楽しみですね 😉 。

※ Microsoft IME では「まーぼー」は変換できないけれど、「まーぼーどうふ」と入力すると「麻婆豆腐」と変換されるんですね。「まーぼーとうふ」や「まーぼーなす」はだめでした。ぶっふぃ。

カテゴリー
日記

ひさたろ君

前日の夜のことになりますが、とあるシンセサイザーのアップデートをしていました。総数 70 以上に及ぶ、一つあたり 20MB 前後のファイルをぽちぽちとクリックしてダウンロードさせられました。その上、実行フォルダに解凍してコピーするところまで手動でやらなければならないという、この上ない単純作業によくよく倦んでいる僕のところに、一通のメールが舞い込んできました。

明日午前中お時間あったりしない?あったら 11 時半くらいにももたろでも行かない?

働き盛りの社会人に向かって、翌日(しかも平日)の 11 時半が暇かどうか尋ねてくるとはどういう了見だ。残念ながら時間あるに決まってんだろコノヤロー。というわけで、今日は大学時代のタメ、ひさたろ君と僕の彼女と三人でランチに行ってきました。このブログのリンクにもある「♪HIROの部屋」のひさたろ君です。岡崎(愛知県)からはるばるよく来たねー。

彼を「大学時代のタメ」と呼ぶにはわけがあります。彼も僕も 1980 年生まれなので「タメ」なのですが、彼は他の大学から転入して 1 年生としてやってきたので、僕よりも学年が下でした。当初は同年齢と知らなかったので先輩面をして接していたのですが、恥ずかしながら気がつけば彼の方が先に卒業してしまったわけで、もう後輩だのなんだの言ってられなくなってしまったわけです。

彼はいわゆる「痩せの大食い」で、以前に埼玉で会った時もそうだったのですが、極めつけに大盛りのお店を好みます。そんな彼が福島一の大盛りチャーハンの出る「ももたろ(福島市郊外の中華料理店「桃太楼」のこと)」が大好きなことは、仲間内では有名です。

だから福島駅西口で彼を拾った早々、僕が「今日、桃太楼休みだよ」なんて意地悪を言って楽しんでしまうのは、仕方のないことなのです。しかし彼もきちんとリサーチしてあったようで、「大丈夫、定休日は月曜だよ」と返されてしまいました。ちっ、ばれていたか。

いや、僕が意地悪を言ってしまう理由はそれだけではないのです。彼は学生時代「幸薄い(笑)」人として有名でした。「何をやってもうまくいかない」とか、「何をやっても裏目に出る」とかいう占い結果が出るたびに、「やっぱりな~」と言われてしまう、「ツイてない人」の代名詞的な存在でした。この日も彼に「ツイてない」事が起こることを期待することは、彼と僕の関係を知る人には納得してもらえるはずです。

どのくらい彼がついていないか。周囲の期待を決して裏切らない彼の不幸ぶりをご堪能ください。

「毎週月曜日はお休みです」と書いてあるにもかかわらず、火曜日の今日ぶら下がっている「定休日」の看板
「毎週月曜日はお休みです」と書いてあるにもかかわらず、火曜日の今日ぶら下がっている「定休日」の看板
左端で一眼レフを構えている男性がひさたろ君
左端で一眼レフを構えている男性がひさたろ君

なんという引きの悪さ、そしてなんという運の悪さ。おそらく祝日だった月曜日に定休日を返上して営業し、その分休んでいるのでしょうね 😉 。

「じゃ、アンジェロに行こうか!」一番残念だったのは彼だったはずですが、軽く笑ってすぐに気を取り直していました。そうそう、彼はいつも温厚で、人に嫌な態度を見せないナイスガイなのです。そんな彼は僕が学生時代に所属していたバンドでメンバーを集めてくれた重要人物でしたし、僕の彼女も彼の大学時代の後輩なのです。

この日彼は「人生における幸せの総和は、各人変わらないはずなのだ」としきりに力説していました。根拠がない、と鼻で笑っていた僕ですが、その実そういう面もあるかもしれないな、と思わされていた理由は、相変わらずついていない彼にはたくさんの友人がついているからなのです。