カテゴリー
日記

事故が多い軽自動車

事故を起こしている軽自動車
事故を起こしている軽自動車

最近どうも交通事故が多いなと思っていたのですが、福島県警察の web サイトを覗いてみたら、「3 月は死亡事故が多い」と書かれていました。3 月に事故が増える原因は、

  • 異動のシーズンで人の動きが活発
  • 初心運転者が増える時期
  • 急に暖かくなる日があり、ぼーっとしやすい

と分析されています。なるほど、どれも確かに言われてみればそれらしい内容ですね。

加えて、どうも軽自動車というのはいつも運転が無茶で危ないな、と感じていたのですが、これも裏付けがとれました。2009 年 1 月~3 月 9 日におこった死亡事故 12 件のうち、軽自動車のドライバーが事故を引き起こしたものが 8 件あります(軽自動車が事故に巻き込まれて、ドライバーが亡くなったという事故は 1 件もない)。全体の 66.7%は軽自動車が引き起こしていることになります。

社団法人全国自動車協会連合会の資料によれば、福島県における軽自動車のシェアは 2008 年 3 月末の時点で 36.8%。つまり、全体の 3 分の 1 程度しか走っていない軽自動車のドライバーが、死亡事故の 6 割以上を引き起こしているわけです。県内を走る軽自動車のドライバーは、普通自動車のドライバーに比べて 3 倍以上も死亡事故を起こしやすい計算になります。

写真はこの前日、街で見かけた事故を起こしている軽自動車。交差点に無茶をして突っ込んで、事故にあっている軽自動車を、この冬何台見かけて、おかげでどのくらい渋滞に巻き込まれたかわかりません。軽自動車のハンドルを握ってらっしゃる方は、くれぐれもお気を付けください。やっぱり小回りが利くので、ついつい無理をしてしまうのでしょうか。