カテゴリー
WordPress

Twenty Twenty のフォントを変更する方法

TwentyTwenty のフォントを変更する方法を検索して探したのですが、たいした方法がでてきませんでした。新しい子テーマを作る方法が一般的なようですが、そうするとテーマ本体にアップデートがかかったときに不便です。

WordPress にはカスタム CSS という機能があり、テーマのカスタマイズはここへの記述で対応できる範囲で頑張るべきだろうと思います。まずは、フォントの変更を、昔ながらの手法で:

@import url('https://fonts.googleapis.com/css2?family=Noto+Sans+JP:wght@300;700&display=swap');

body.home, p, .entry-content {
    font-family: Noto Sans JP !important;
}

このように記述してみました。ネット上で検索しても、カスタム CSS でテーマを修正している人を発見できなかったので、載せておきます。でも、これって、あまりいい方法じゃないんだろうか。

カテゴリー
WordPress

Twenty Twenty を使ってみよう

WordPress の公式最新テーマ、TwentyTwenty を使ってみようと思います。最新のエディタ、Gutenberg に親しむには、おそらくこのテーマを使うのが最も良いのではないかと思っています。
テーマを適用した瞬間から感じるのは、このテーマ独特のクセ(アク?)の強さ。気になる点が山のようにあります。タイトルの文字がデカい、トップページがトップページらしくない、アイキャッチ画像の扱いが不明、文字が詰まりすぎ、等々。落ち着いてしっとりとしたブログを作るのには、あまり向いていないのかもしれません。
しかし、このテーマを落ち着いた雰囲気のものに作り替えることができれば、自分のサイトのテーマとして使っていくのにはちょうど良いのかもしれません。とにかく今は、10 年分の遅れを取り返していかないといけません。