カテゴリー
日記

帰宅したら

帰宅したら、パソコンの画面にフルスクリーンの ASUS のロゴが表示されていました。僕の PC は、RAM も 4GB だし、CPU も AMD Athlon 64 X2 5600+ と、そこそこの能力は持っているはずなのですが、電源投入から Firefox を操作できるようになるまで 10 分はかかります。ですので、電源はほぼ 1 年中、24 時間消しません。そうしないと、スキマ時間に作曲する事ができなくなってしまうのです。スリープやハイバネーションも、MIDI キーボードや VST プラグインが不調を起こすので使う事ができません。

ですので、パソコンの画面にフルスクリーンの ASUS ロゴが表示されているところなんて、めったに拝むことはないのです。しかもこの画面、本来であればものの数秒で POST 処理が終了し、Windows XP の起動ロゴにかわってしまうはずなのです。この画面を表示したまま固まっているなんて、明らかにおかしい。

仕方がないのでリセットボタンを押しました。先ほどと同じ ASUS のフルスクリーンのロゴが表示されましたが、今回は Windows XP のロゴマークが表示され、OS のロードが始まりました。しかしデスクトップ画面が表示された後、USB に接続されている無線 LAN の子機が切断された、という内容のバルーン・メッセージがどういうわけか表示されました。と思ったら、突然のリセット。再び ASUS のフルスクリーン・ロゴが表示され、PC はそこでフリーズしてしまいました。

そういえば以前に CPU クーラーを交換したとき、PC の電源を投入したところ、1 秒間に 7~8 回のペースで、20 秒間ほど PC が激しく電源 ON と OFF を繰り返したことがありました。昔から、パソコンの電源を落とした後は、数秒待ってから電源を再投入してください、と説明書にかかれていましたし、ハードディスクも起動回数が増えれば増えるほど故障するリスクが高まると言われてきました。こんな短時間に、こんな高回数(2~300 回?)も電源投入を繰り返されたのではたまらず、電源ケーブルを PC から慌てて引き抜いたことがありました。あのときからうすうす感じていたのですが、そろそろ電源が寿命を迎えているのでしょうか。僕は先ほどお話したとおり、24 時間つけっぱなしなのですから、電源の寿命にいいはずがありません。

カテゴリー
日記

X01T が返ってきました

X01T USB 端子の比較。上が新しい端子、下が古い端子。若干角度が違いますし、カメラも違うのでフラッシュの当たり具合も違いますが、よく見ると見た目の違いはほとんどありません。しかし挿した感じはまったく違います
X01T USB 端子の比較。上が新しい端子、下が古い端子。若干角度が違いますし、カメラも違うのでフラッシュの当たり具合も違いますが、よく見ると見た目の違いはほとんどありません。しかし挿した感じはまったく違います

X01T が修理から帰ってきました。喜び勇んでソフトバンク福島北へ行って、受け取ってきました 🙂 。「残念ながらデータは消えていますね」と言われましたが大丈夫、もともとデータを消してから預けたのですから 😉 。

タッチパネルの表面に張っておいた保護フィルムをはじめ、ちょっとした擦り傷や塗料のはがれなどなど、まがうかたなく僕の X01T です。あれ、以前に V602SH を修理に出したときには、本体表面のプラスチック・パネルがすべて交換されていたのですが、あのサービスはやめちゃったのかな?

壊れていたのは USB 端子のみで、一緒に修理に出した電池や充電機には異常はなかったということでした。しかし、充電ができないこと以外にも、充電の残量表示がおかしいという症状もあったのですが、はて。USB 端子が壊れると充電残量の表示までおかしくなるのかな?

手続きを終えて車にもどり、さっそく USB 端子に充電器に挿してみたら、びっくりしました。以前は端子に軽く触れただけでぽろっと外れるほどゆるくしかささらなかったのに、かたくてなかなか入らなくなっているじゃないですか。以前とは明らかに別物の部品がついています。おそらくメーカー側でも故障のしやすさを把握していて、今回つけられたのは対策済みの部品なのでしょう。

X01T の発売は 2007 年 12 月 8 日。先行して海外で Portege G900 として発売されたのが 2007 年の 6 月のこと。世界で初めてデスクトップ・コンパチブルなノート PC を発売した TOSHIBA といえども、半年では故障のしやすさを把握して、対策部品を開発するまでには至らなかったようです 😉 。

ちなみに、一部のネットの掲示板で、僕と同じように USB 端子が故障した結果、有償修理とされたという話がたくさんでていますが、僕はメーカー保証で修理を受けることができました。対応が異なることの真相はわかりませんが、ご参考までに。

カテゴリー
日記

SoftBank ショップ

X01T の USB 端子。X01T はこの端子一つで外部機器の接続、PC との同期、充電などすべての接続作業を行います。の割には小さくて頼りない感じです
X01T の USB 端子。X01T はこの端子一つで外部機器の接続、PC との同期、充電などすべての接続作業を行います。その割には小さくて頼りない感じです

先日、代替機がないために X01T を修理に出すことをためらいましたが、使えば使うほどおかしさがひどくなってきているような気がします。たとえば、電池がほぼ空っぽなのに、充電開始後 2~3 分で満タンになり、そのまままったく充電しない、というような現象が起こっています。当然充電機をはずせば電池はカラ、ひどい場合は充電器に刺さったまままずバックライトだけが消え、その後次第に液晶表示も崩れてゆき、そのまま電源がフェードアウトしていきます。これではリチウムイオン電池がそれこそ発火してしまいます。

やはりこのまま使い続けるのは危険だと判断し、今日は指導終了後に X01T を SoftBank ショップに持ち込みました。

僕「修理をお願いしたいのですが」

店員さん(女性 20 代)「X シリーズですか…残念ながら、故障の有無の判断はここではできないので、メーカー送りになりますがよろしいですか?また、代替機も X シリーズは当店にはないのですが…」

僕「かまいません、修理をお願いします。」

店員さん「どういった症状が出ていますでしょうか」

僕「USB 経由で Windows XP に認識されず、PC と同期がとれません。また、充電もちょっと変です」

店員さん「充電もですか、そういえば X01HT の充電器がありますので、ためしに充電させていただいてよろしいでしょうか」

僕「おねがいします」

店員さん「では、代替機を持ってまいります」

ついに来るべき時が来ました。店員さんの話だと、メーカー保証が効かない場合(水ぬれ反応がでた場合、使い方に問題があるとメーカーが判断した場合)、自己負担額は最大(修理不能、新品再購入)で 1 万 6,000 円だそうです。しかし僕は月々 300 円の故障保険に入っていました。ですので、自己負担額は同条件で 8,000 円だそうです。

おや?すでに支払った保険金は 11 ヵ月で 3,300 円。メーカー保証が効かない上に、最大のメリットが発揮できる修理コースでも差額は 4,700 円ぽっちだとは、故障保険のメリットって案外小さいですね 😐 。いやもちろんやめるつもりはありませんが 😉 。

なんて考えていたら、店員さんが戻ってきました。

店員さん「すみません、代替機が残っていませんでした。○○店にも在庫がないようです」

僕「そんなあ 😥 」

いくらなんでも携帯なしでは仕事になりません。充電もできない、修理の代替機もない、いったいどうしたらいいの!と思って、X01T に手をかけたら…あら?ほんのり暖かい。電源を入れてバッテリー残量を確認すると、およそ 30% ぐらい。

僕「あっ充電してます、してます!」

店員さん「ホントですか 😳 !」

いったいなんでしょうか。X01HT の方が充電器の電流量が大きいようなのですが、それで僕の X01T のリチウムイオン電池に喝が入ったのかな(笑)?とにかく、不思議と充電だけはできるようになりましたので、代替機が確保できるまではこれで持たせようかと思います。

カテゴリー
日記

X01T 故障?

1~2 週間ほど前から、僕の携帯電話 X01T が時々おかしな動作をしていました。X01T というのは Windows Mobile を搭載したいわゆるスマートフォンで、PC の Outlook 等とデータを同期させることができます。そのためには X01T と PC を USB ケーブルで接続するのですが、このところこのような表示がたまに出現するようになっていました。

USB デバイスが認識されません このコンピュータに接続されている USB デバイスの 1 つが正しく機能していないことが、Windows によって認識されていません。
USB デバイスが認識されません このコンピュータに接続されている USB デバイスの 1 つが正しく機能していないことが、Windows によって認識されていません。

…意味がわかりにくい文章ですね。USB デバイスが正しく機能していないため、Windows によって認識されていない、と書こうとして書き間違えたのでしょうか。それとも、USB デバイスが壊れていることを、Windows が認識していない、と言いたいのでしょうか。だとしたら、このバルーンを表示させているのはいったい何者でしょうか(笑)。

しかしながら、とにかく何かの調子が悪いという事はわかりました。原因はいろいろ考えられます。できる限りつぶしていったところ、こうなりました。

  • Windows XP 上の ActiveSync(同期用ソフトウェア)がおかしい → ×再インストールしても変わらず
  • PC 上の Windows XP がおかしい → × Bluetooth だと同期可能
  • PC の USB 端子がおかしい → × 他の端子に変えてもだめ
  • USB ケーブルがおかしい → ?他にこのケーブルを使う機器がないので、検証できない
  • X01T の USB 端子がおかしい → ?あやしい
  • X01T 上の Windows Mobile がおかしい → × クリーンインストールしなおしたが改善せず
  • Windows Mobile 上の ActiveSync(同期用ソフトウェア)がおかしい → × 同上

というわけで残った問題は

  • USB ケーブルがおかしい
  • X01T の USB 端子がおかしい

の 2 点となりました。そういえばこのところ充電器で一晩中充電しても、朝使おうとすると「バッテリ残量警告」が表示されたりしています。同時期に USB ケーブルと充電器が故障するとも思えませんので、やはり本体の USB 端子の故障でしょうか。

これはもう修理をお願いするしかないなと思って、Softbank ショップに電話をかけました。しかしショップで用意している代替機の中には X01T はおろか、そもそもスマートフォン自体が無いようです。いったいどうしたらいいのでしょうか。

さらっと書きましたが、これらの検証だけでこの日は丸一日使い切りました。