福島市音楽堂。ここの大ホールでリハーサルが行われました
福島市音楽堂。ここの大ホールでリハーサルが行われました

久々にホットコーヒーをいれようと思って、そういえばコーヒー豆がないことに気付きました。最近みつけたお店に注文の電話をして、久々にハイネックのインナーを出し、久々に長袖のアウターに手を通して、町を歩いてみれば街路樹もほのかに色づいています。

いつのまにか秋らしくなってきました。こうなってくると、いよいよ今年も間もなく終わりだな、という気がします。同時にまた 1 年、高校時代が遠くなるのかとも思います。あれからもう 10 年も経つなんて、なんだかさっぱり信じられません。

実はつい最近、棚の引き出しを全部外したところ、1998 年 10 月 1 日に行われた中間試験の結果が出てきました。受験者数 160 人中、152 番でした。それなりの進学校だったとはいえ、なぜこれで大学に受かったのか、これまたさっぱり信じられません。そんな僕が今じゃ子供たちにお勉強を教えているだなんて、当時の僕を知る人から見たらお笑いでしょう。

今日は音楽堂にブラス・アンサンブル輝響と弘源寺木管五重奏団の皆さんの練習にお邪魔しに行ってきました。パーカッションの方もおみえでした。練習番号ごとに演奏を止めては、皆さんもりもり打ち合わせ。ベテランのアンサンブル団体とはこのようなものなのだなと思いつつ、僕は自分で自分の編曲の粗さがしをして反省していました。

輝響の演奏会まであと一週間。輝響という名前は、桔梗の同音異字であることを意識してつけたのだとか。桔梗といえば秋の七草、輝響が秋に演奏会を開くなんて、なかなかいいタイミングじゃないですか。

PC 復旧作業

もう DVD にバックアップをとるのはやめちゃおうかと思います。読み出せないんじゃバックアップを取る意味がない
もう DVD にバックアップをとるのはやめちゃおうかと思います。読み出せないんじゃバックアップを取る意味がない

PC の機能の復旧作業を急いで、今日締め切りの仕事をすませ(ぎりぎりだな)、彼女の PC を自宅へ送り届けることに。しかしこんな日に限って、僕のアパートがペンキの塗り替え作業中。MP960 を買ったときもそうだったけど、どうして僕が大きなものを運ぼうとするとペンキを塗り替えるんだろう(笑)。

しかし去年の夏、大量の仕事を抱えている真っ只中に PC が故障してしまった事件は、いまだに尾を引いています。今過去の編曲作品のデータの要求があったので、新規インストールも果たしたこの機会にデータの捜索活動をしているのですが、さっぱり見つかりません。しかも、壊れて読めない DVD もあり、修復に手間取りそうです。

※ この日、2008-09-23 の一日 114 セッションを超える、一日 118 セッションを記録し、最高記録を更新いたしました。ご訪問まことにありがとうございます。

パートを増やすとか、減らすとか

編曲とは積み木を積むような作業。下手に抜いたり増やしたりすれば、たちまち崩壊します(2008-09-03 撮影)
編曲とは積み木を積むような作業。下手に抜いたり増やしたりすれば、たちまち崩壊します(2008-09-03 撮影)

新しい編曲がはじまりました。今度は最近の編曲の中では最も軽い曲です。こういう曲は編曲に遊びができるので楽しくも苦しくもありますが、つらくはありません。やっぱり辛いのは有名クラシック曲の編成を変更するとか、メドレーを作るとかでしょうか。

以前、啼鵬さんと編成についてお話したことがありました。楽譜を注文される方というのは、割と気軽に「1 パート減らして」とか「1 パート増やして」とかいう注文をしてきますが、これは難しいんです。特に多いのが「八重奏の曲を 6 人でできるようにしてほしい」というような、パートをカットする注文。

ギターやピアノなどの複音楽器(一度にたくさん音が出る楽器)がたくさんいるポップス(あんまりないけど)だったらカットは簡単ですが、単音楽器ばかりのクラシックのアンサンブルから人数を減らすのは本当に大変、というか、編曲を 1 からやり直す作業になります。時間も費用もかかる上に、たいてい仕上がりも悪くなります。逆に増やす場合は、減らす場合ほど難しくないのですが、仕上がりが良くなるかどうかは曲によります。

アンサンブル・コンテストで金管十重奏の曲を無理やり 8 人で演奏している団体をよく見かけます。8 人用カット済み譜面が出回っているのか、出来の良い編曲も多いのですが、だからと言ってあなたのやりたい楽譜もあのようにうまくいくとは限りませんよ 😎 。

ちょっとした怒り

皆さん MS-IME 2007 をご使用ではありませんか?「楽器」と入力したくて「がっき」を変換すると、「学期」になる場合がありますよね。あなやと思って「がっき」と入力し直して変換キーを二回押すと、今度は「楽器」→「学期」となりますよね。

この順位の入れ替えって、誤変換を検知して自動的にやっているのでしょうけれど、こんなおせっかい機能不要じゃないでしょうか。カットしたいのですが、どの設定項目がこの機能を管理しているのかさっぱりわかりません、ぷんぷん 👿 。

編曲

編曲作業中の画面。編曲作業の要となるソフトウェア、Finale の画面が映っています。このソフトにもう少しバグが少なければ…
編曲作業中の画面。編曲作業の要となるソフトウェア、Finale の画面が映っています。このソフトにもう少しバグが少なければ…

家庭教師の夏期講習も終わり、だいぶ時間に余裕が出てきました。そんなわけなので、今日はめずらしく日付が変わる前にブログを書こうかと思います。

今日もほぼ一日中、編曲作業をしていました。編曲という言葉にはじつは 2 種類の意味があります。ひとつは元の曲と違う楽器で演奏できるよう書き換える編曲、もうひとつは元の曲と違う構成や印象になるように作り変える編曲です。

今作業している編曲は、異なる曲を途切れめなく演奏できるようにつなげつつ、元の曲と違う楽器で演奏できるように編曲する作業です。前述のふたつの編曲作業を両方半分ずつやっているような具合、といったらいいと思います。

今回はさらに、実際の演奏会で演奏するための編曲なので、各楽器の音量のバランスも検討しなければなりません。いや、楽器自体の性能の限界を考慮に入れなければならない、という方が適切かもしれません。

特にオーボエやファゴットなどの木管楽器は、普段テレビなどで聴いている印象と異なり、驚くほど小さな音量しか出ません。そんな木管楽器をトランペットなどの金管楽器と一緒に演奏させると、たちまちバランスが崩壊してかき消されてしまいます。

じゃあトランペットたちになるべく弱い音で演奏させたらいいか、というとそうでもありません。ある程度は吹かないと、トランペット自身の音に魅力がなくなってしまいます。それに、トランペットは音が高くなるほど弱く吹くことが困難になったりもします。

うまくいかないものを、いかに取り繕うか。それこそが編曲者の使命だと思っています。楽譜に書かれていることを直感的に演奏するだけでいい演奏になる、そんな編曲ができれば幸せです。今のところ、まだまだ勉強中ですが。