カテゴリー
日記

猫とパンツ

うまく撮れていないネコちゃん
うまく撮れていないネコちゃん

仕事の帰り道、近所の公園を歩いていたら、珍しい猫と目が合いました。青い瞳と長い毛並み。ちょっと日本ネコ離れしすぎた感じの猫でしたので、どこかの飼い猫が迷っているのかな?と思いました。念のためとった写真が右の写真です。

ごらんのとおり、うまく撮れなかったので、もっと近づいてとってみようと思いました。全く逃げませんし、警戒もしていません。やっぱり、慣れているようで。さらに近付いて中腰になり、とったのが左の写真。うん、もっと近寄れそうです。

少し近寄って撮ったネコちゃん
少し近寄って撮ったネコちゃん

それにしても暑い。汗でスーツのズボンが足にぴったり張り付いています。かがもうと思って、少しつまんで持ち上げようとしたのですが、完全にぴったり張り付いているので、ほとんど動きません。まあ仕方がないので、そのまましゃがんで、カメラを構えました。

バンッ!

と音がして、猫が逃げました。おしりのあたりに衝撃が。そう、ズボンが足に張り付いて、下に下がったままかがんでしまったので、おしりの縫い目が裂けてしまったのです 😳 家まで残り 500m ぐらい、どうしたらいいのか…。

仕方なく、アタッシュケースを後ろ手にもって、おしりを隠しながら歩いたのですが、この日もっていたのは大学時代の恩師にいただいたゼロハリのジュラルミンケース。布や革のバッグと違い、後ろ手に持って歩くのは明らかに不自然です。

途中、初老の男性(十分にスーツでの人生経験のありそうな方)数人とすれ違い、みな「ニコニコ」していました。こうやって立派な大人に一歩ずつ近づくのだと、自分で自分に言い聞かせました。

コメントを残す