カテゴリー
日記

幸せ

「生きていれば、幸せなこともあるし、不幸なこともあります。僕はそういうこと一切をひっくるめて、幸せだと思っているんです。」

「君のそういう態度が、君を不幸にしている。君は時には自分から不幸を選択しているのだ。それはある意味幸せなことかもしれないが、私のところに来れば君はもっと幸せになれる。」

年長の知り合いとそんなやり取りをして悩んでいるのだ、と僕の後輩が電話をかけてきました。夜中の 22:00 頃のことでしたが、僕は車で移動中だったので、ハンズフリーでお話していました。僕の声が聞き取りづらかったんじゃないかな、ごめんなさい。

「選択するということは、選ばなかった他の無限の選択肢を捨てるということと、なんら変わりがない。」

大学時代の恩師は、僕にこう教えて下さいました。この話は幸せにだって適用できます。ある幸せを選べば、他の無限の幸せを諦めなければなりません。結局いつだって、どういう選択をしたって、幸せと不幸は表裏一体です。

だから僕は、個人の自由な意思で選びとった幸せこそが本物だと信じるし、僕もまた自分自身の意思で、諦めなければならない不幸をどれにするか、決定して生きていきたいと思っています。

輝響の D-5 さんと、演奏会のポスターの試作品
輝響の D-5 さんと、演奏会のポスターの試作品

車で向かっていた先は待ち合わせ場所でした。お相手は輝響の D-5 さん。僕に結婚式の招待状を手渡ししてくれました。

「二次会には出られる?」
「七次会くらいまでだったら行けるよ」
「おいおい(笑)」

皆こうやって、幸せを選んでいくのでしょう。いつまでもお幸せに。

「幸せ」への1件の返信

コメントを残す