名古屋旅行 ⑨ 福島へ

名古屋駅のキオスクにて。これがうわさのゆかり。
名古屋駅のキオスクにて。これがうわさのゆかり。

名古屋港水族館を出た後は、再びタワーズ駐車場に車を停めて駅のキオスクへ。昼間に yumiz さんご夫妻から名古屋みやげについてのアドバイスを受けていたので、それに従って「ゆかり」を 7 箱買って 20:00 に買い物終了、ホテルでお風呂を借りて 23:20 に名古屋を出発し、名古屋自動車道を走って小牧 JCT を通過したのが 23:50。これが 24:00 を過ぎてしまうと、帰りの高速料金が 1,000 円から 14,000 円に跳ね上がってしまいます。ぎりぎりでした 😉 。

未明の恵那峡 SA。
未明の恵那峡 SA。

中央自動車道を岐阜県まで走って、恵那峡 SA という大きなサービスエリアで車中泊をすることになりました。できれば Vitz で車中泊は避けたかったのですが、僕らが通る高速道路のルートにはあいにくホテルの付いた SA がひとつもなかったため、やむをえませんでした。

「イーグル」での朝食。僕みたいな大食漢がたくさん現れたら、儲かりませんね!
「イーグル」での朝食。僕みたいな大食漢がたくさん現れたら、儲かりませんね!

翌朝は恵那峡 SA のレストラン「イーグル」で朝のバイキング。期待以上のサービスに驚きました。身支度を整えて、8:30 ごろ恵那峡 SA を出発し、福島を目指して走り始めました。

姨捨 SA より。彼方に見えるのが長野市街。
姨捨 SA より。彼方に見えるのが長野市街。

せっかく日中の眺めの良い時間に走るのだから、道中の SA をすべて制覇して福島に戻ることにしました。恵那峡の次の駒ケ岳 SA は、森林浴コースが整備されています。梓川 SA には北アルプスの山々を一望できるベンチが整備されていました。姨捨 SA からは善光寺平と呼ばれる、長野市を含む長野県最大の平野を見渡すことができます。SA はどこもなかなかよくできているんですね。

新井 PA のハイウェイオアシス。道の駅あらいと新井 PA がつながっているような格好。ホテルまであります。
新井 PA のハイウェイオアシス。道の駅あらいと新井 PA がつながっているような格好。ホテルまであります。

極めつけは、小布施 PA と新井 PA に整備されていた、ハイウェイオアシスという施設。高速道路から車をおろすことなく、一般道に建設された公園やモールを利用できるというものでした。まさに休日特別割引制度のために作られたようなこの施設、前者は小布施の町中へのシャトルバスが運行されているので、地元のホテルや旅館を利用することができるでしょう。後者はハイウェイオアシス内にホテルが建設されています。ここを使うことができれば、もう車中泊の心配はいらないじゃありませんか!新たな施設を発見して、来年の名古屋再来にますますはずみのついたわれわれでした。

「名古屋旅行 ⑨ 福島へ」への4件の返信

ちょっと西を迂回すると福井を通ることができるぞ(^^)
いいなぁ、旅行。
ちなみにオレの知り合いに水族館マニアがいるんだけど、名古屋港水族館は日本で3本指にはいるらしいよ(*^_^*)

残りの 2 本はどこなんだい?
旅行はいいね、ほんと。
少なくとも旅行に行くお金ぐらいをねん出できれば、
あとはかなり貧乏な生活でも僕は耐えられる気がする。
江戸時代の庶民の数少ない娯楽の一つも旅行だったとか。
ずいぶん気が晴れました 😉 。

書き忘れ。
名古屋のついでではなく、福井旅行に出かけてみたいという思いもあります。
なんてったってすぐ近くに永平寺もあるからね (^_^)。

にコメントする コメントをキャンセル