カテゴリー
Vitz

内気循環への切り替えを勝手に行ってしまうヴィッツの不具合

ヴィッツのエアコンのパネル。
ヴィッツのエアコンのパネル。

僕のヴィッツにはオートエアコンが装備されています。普段はオートで使用していてあまり問題はないのですが、車内が暑い時に AUTO スイッチを押すと、内外気切り替えスイッチをヴィッツが勝手に操作して、内気循環にセットしてしまいます。エアコンを ON にしてある場合にはそれでも構わないのかもしれませんが、この時期は車内の温度が 30 度、外気温が 10 度なんていう事がよくあります。いったん窓を開けて換気したらふたたび窓を閉めて、エアコンの送風口から外気を導入して温度を一定に保つようにしたいのですが、スイッチを入れるたびに内気循環に切り替えられてしまうので、その都度ボタンを押さなければならず、厄介です。

いつでも必ず内気循環に切り替えるとわかっているなら、AUTO → 内外気切り替えスイッチとたて続けに押せばそれで事が足りるのですが、ある程度車内の温度が下がってくると、今度は逆に外気導入に頼んでいないのに切り替えようとしはじめます。結果、しばらく時間がたつと、再びじりじりと車内の温度が上昇し、気が付いたら内気循環になっていた!というケースがこの時期には多発します。磐越自動車道ではアクセルを全開にしてもさっぱりスピードが上がらないほど非力なヴィッツです(シフトレバーをスポーツにすれば加速しますが)。エアコンは極力 OFF のままで走りたいと思っているのは僕だけではないと思います。

内外気切り替えスイッチの操作は、AUTO スイッチを押したときに行うのではなくて、エアコンスイッチを押したときに行うべきではないかと思うのですが、どうなのでしょうか。今後のモデルチェンジで改良されることを願います。

カテゴリー
日記

つまらない日記 2009-08-31

同色の Belta(奥)と Vitz(手前)。僕の Vitz は屋根無しの駐車場に止めているせいか、少し黄味が足りません。
同色の Belta(奥)と Vitz(手前)。僕の Vitz は屋根無しの駐車場に止めているせいか、少し黄味が足りません。

車でお買い物に来たら、駐車場で同色の Belta を発見。隣が空いていたので、並んで撮影。雨の中、濡れ鼠二匹です。去年の夏に Belta もマイナーチェンジを受けて、サイドターンランプがドアミラーに内蔵されました。映っているのはマイナーチェンジ前のモデルですね。

Style Fit のケース。
Style Fit のケース。

文具スーパー 98 にて。Style Fit という、uni のゲルインクボールペンの新シリーズが発売されていました。リフィルとホルダーが最初から別売りになっていて、自分で好きなように組み立てるという、Hi-Tec-C Coleto みたいな商品。しかし普段 Dr. Grip 4+1 を使用している身には、ホルダーの造りが安すぎて使う気になれず。Style Fit のリフィルが Dr. Grip に使えれば…。

ヤマト運輸 福島県庁前センター。
ヤマト運輸福島県庁前センター。

彼女に頼まれて、ヤマト運輸に宅急便を出しに行くことに。いつもは仕事の最中に福島八島センターに行くのですが、試しにヤマト運輸のサイトで最寄り店舗を検索してみる事にしました。すると福島県庁前センターが最寄りであることが判明、さっそく行ってみたのですが、駐車場が有料しかないうえに、県庁前だけあって道が細く走りづらかった。残念 😉 。

ミルキーウェイの日替わりランチ。
ミルキーウェイの日替わりランチ。

康楽にお昼を食べに行ったところ、あいにく月曜日は定休日でした。仕方なく近所のミルキーウェイに行ってランチ。とくに食べたいものがあったわけでもないので、580 円の日替わりランチを頼んでいただいてきました。まいった、何にもオチがつかないなあ 😕 。いや、こんなにつまらないエントリーなのに、写真を 4 枚も使って Web サイトの容量を圧迫しているというのは、ちょっとしたオチになるかな。いや、ならないな 😉 。

名古屋旅行 ⑨ 福島へ

名古屋駅のキオスクにて。これがうわさのゆかり。
名古屋駅のキオスクにて。これがうわさのゆかり。

名古屋港水族館を出た後は、再びタワーズ駐車場に車を停めて駅のキオスクへ。昼間に yumiz さんご夫妻から名古屋みやげについてのアドバイスを受けていたので、それに従って「ゆかり」を 7 箱買って 20:00 に買い物終了、ホテルでお風呂を借りて 23:20 に名古屋を出発し、名古屋自動車道を走って小牧 JCT を通過したのが 23:50。これが 24:00 を過ぎてしまうと、帰りの高速料金が 1,000 円から 14,000 円に跳ね上がってしまいます。ぎりぎりでした 😉 。

未明の恵那峡 SA。
未明の恵那峡 SA。

中央自動車道を岐阜県まで走って、恵那峡 SA という大きなサービスエリアで車中泊をすることになりました。できれば Vitz で車中泊は避けたかったのですが、僕らが通る高速道路のルートにはあいにくホテルの付いた SA がひとつもなかったため、やむをえませんでした。

「イーグル」での朝食。僕みたいな大食漢がたくさん現れたら、儲かりませんね!
「イーグル」での朝食。僕みたいな大食漢がたくさん現れたら、儲かりませんね!

翌朝は恵那峡 SA のレストラン「イーグル」で朝のバイキング。期待以上のサービスに驚きました。身支度を整えて、8:30 ごろ恵那峡 SA を出発し、福島を目指して走り始めました。

姨捨 SA より。彼方に見えるのが長野市街。
姨捨 SA より。彼方に見えるのが長野市街。

せっかく日中の眺めの良い時間に走るのだから、道中の SA をすべて制覇して福島に戻ることにしました。恵那峡の次の駒ケ岳 SA は、森林浴コースが整備されています。梓川 SA には北アルプスの山々を一望できるベンチが整備されていました。姨捨 SA からは善光寺平と呼ばれる、長野市を含む長野県最大の平野を見渡すことができます。SA はどこもなかなかよくできているんですね。

新井 PA のハイウェイオアシス。道の駅あらいと新井 PA がつながっているような格好。ホテルまであります。
新井 PA のハイウェイオアシス。道の駅あらいと新井 PA がつながっているような格好。ホテルまであります。

極めつけは、小布施 PA と新井 PA に整備されていた、ハイウェイオアシスという施設。高速道路から車をおろすことなく、一般道に建設された公園やモールを利用できるというものでした。まさに休日特別割引制度のために作られたようなこの施設、前者は小布施の町中へのシャトルバスが運行されているので、地元のホテルや旅館を利用することができるでしょう。後者はハイウェイオアシス内にホテルが建設されています。ここを使うことができれば、もう車中泊の心配はいらないじゃありませんか!新たな施設を発見して、来年の名古屋再来にますますはずみのついたわれわれでした。

名古屋旅行 ② 名古屋へ

磐梯山 SA を出てしばらく走ったところで、福島県を脱出する直前に、ODO メーターが 20,000 km に達しました。いつも僕のために走ってくれてありがとう。
磐梯山 SA を出てしばらく走ったところで、福島県を脱出する直前に、ODO メーターが 20,000 km に達しました。いつも僕のために走ってくれてありがとう。

というわけで、前述の移動計画に従って、さっそくこの日の 14:00 に自宅を出発しました。諸々の用事を済ませて、福島飯坂 IC に乗り込んだのは 15:00 頃。ちょっとのんびりしすぎましたが、名古屋までの行程はおよそ 8 時間半ですから、24:00 をわずかに回った時間に名古屋 IC を降りるには、まだ十分な時間があります。

今回のルートで経由するジャンクション(JCT)は、以下の 7 箇所です。

  1. 郡山 JCT → 磐越自動車道(福島県)
  2. 新潟中央 JCT → 関越自動車道(新潟県)
  3. 長岡 JCT → 北陸自動車道(新潟県)
  4. 上越 JCT → 上信越自動車道(長野県)
  5. 更埴 JCT → 長野自動車道(長野県)
  6. 岡谷 JCT → 中央自動車道(長野県)
  7. 小牧 JCT → 東名自動車道(愛知県)
磐越自動車道、黒森山トンネルにて。新潟県に越境する瞬間。
磐越自動車道、黒森山トンネルにて。新潟県に越境する瞬間。

JCT を通過するときに一番心配なことは、自分が位置を把握できる都市名が、看板に書いてあるかどうかということです。ある程度の下調べはしてきましたし、小学生時代に戦国マニア少年だったこともあり、旧織田・徳川・上杉・武田領の地理はそれなりに分かっているつもりではありますが、念のため彼女の携帯電話にナビをお願いすることにしました。

北陸自動車道、米山 SA にて。本当は夕日が見える時間にここまで来たかったのですが、夕暮れになってしまいました。遠くに見えているのは、おそらく柏崎刈羽原子力発電所。
北陸自動車道、米山 SA にて。本当は夕日が見える時間にここまで来たかったのですが、夕暮れになってしまいました。遠くに見えているのは、おそらく柏崎刈羽原子力発電所。

あいにくのお天気になってしまったことと、移動の半分以上が夜になってしまったことで、ほとんど景色を堪能することはできませんでした。それでも、生まれて初めて長野・岐阜・愛知の土を踏むことができましたし、姨捨サービスエリアでは一瞬だけ長野市街の夜景を眺めることができました。それだけでも今回は上出来でしょう 😉 。

全体的にのんびりゆるゆると走って、名古屋 IC を降りたのは午前 1:20 頃でした。適当にその辺のホテルに入って、ようやく就寝できたのは 3 時過ぎのことでした。

本日の MVP。福島~名古屋間 650 km を無給油で走りきって、なおガソリンタンクに 10 リットルものガソリンを残す、驚異の小食ぶり。お疲れ様でした。
本日の MVP。福島~名古屋間 650 km を無給油で走りきって、なおガソリンタンクに 10 リットルものガソリンを残す、驚異の小食ぶり。お疲れ様でした。
カテゴリー
日記

帰省・2009 年春・3 日目

洗車前の Vitz。あちこち汚れでくすんでいます。
洗車前の Vitz。あちこち汚れでくすんでいます。

帰省三日目も天気がよく、風もあまりなかったので、1 年半ぶりに Vitz にコーティングをしてやることにしました。まずは洗車をよくしてやることから始まるわけですが、年度末の道路工事のおかげで車の下回りはピッチ・タールだらけでした。シリコンオフを 500 ml 近く使って、ようやくあらかた落としましたが、ドアより下の部分は落としきれずにあきらめてしまいました。

洗車後。つやがもどりました!
洗車後。つやがもどりました!

きれいに汚れを落とした後は、本当は鉄粉除去剤も使ってやりたかったのですが、この段階で 15:00 前後。風もだんだん出てきたので、この日はあきらめました。以前、某コーティング屋さんから譲っていただいた、新開発のシラン系コーティング剤を塗りこんだあと、軽く拭きとって終了。ごらんのとおり立派なつやが戻りました 🙂 。

夕方は Dr イザワさんと僕の実家でお茶を飲んでいました。お昼頃、何の気なしにこちらから誘ったのですが、実は風邪をひいてらっしゃったようでした。大変失礼しました 😳 。そのうえ、とある CD の制作メンバーに紹介していただいてしまいました。これは大変楽しみです。出番が来るよう祈っています!

Forza つくば本店 2F にて。
Forza つくば本店 2F にて。

夜は高校時代の友人 T 君に会いに、つくばにある彼の勤め先に行ってみました。彼の勤め先は Forza(フォルツァ) という自転車屋さんで、ロードバイクを中心に扱っています。彼が転職した当時はつくば店しかなかった同店も、今では常磐新線沿線に 4 店舗を構えるまでになりました。順調そうでなによりです 😉 。

ルイ・ガノの小型自転車。たたむとトランペット・ケースぐらいのサイズになるそうです。
ルイ・ガノの小型自転車。たたむとトランペット・ケースぐらいのサイズになるそうです。

T 君の紹介でフライング・ガーデンに行って、夕食をご一緒させていただきました。お互い 2009 年度は 20 代最後の年になります。T 君に負けないように、僕も仕事を軌道に乗せられるとよいなあ 😉 。食事中に合流した共通の後輩 K 君の方が、もう結婚も出産も経験して大人としては一人前なところがなんとも情けないのでした 😉 。

カテゴリー
日記

オイル交換

オイル交換中。下回りもだんだんサビてきました。
オイル交換中。下回りもだんだんサビてきました。

前回の Vitz のエンジン・オイル交換からおよそ 5,000 km 走ったので、この日はそれを交換してもらってきました。

エンジン・オイルの交換のタイミングって、人によって言うことがまちまちですよね。オートバックスあたりに行くと 3,000 km ごとに交換しろ、なんて言われますが、ディーラーでは 5,000 km に 1 度でいい、と言われますし、説明書には 10,000 km に 1 度、車によってはエンジン・オイルの交換は廃車まで不要だ、なんて書いてある場合もあります。

エンジン・オイルの劣化は、走り方によっても大きく変わってくるのではないかと思います。毎晩、エンジンをかけたまま車中泊をするような人は、10,000 km に 1 度の交換ではオイルが持たないのではないかな、と思います。高速道路で毎日往復 200 km 走る人は、3,000 km に 1 度のオイル交換では、2 週間に一度必要になります。それもまたやりすぎのような。

かくいう僕は、毎日家庭教師に行くために使用しています。燃費は平均 12 km/ℓ前後で、1300 cc で CVT の Vitz の中では最低ランクです。福島の中心部で毎晩渋滞しているので、やむを得ないと思いますが、さすがにこんな走り方では 10,000 km は持たないだろうな、と思っています。ひょっとすると、僕は 3,000 km に一度交換したほうが良いクチなのかもしれません。

しかし、エンジン・オイルの交換をむやみにすれば、それがまた環境に負担をかけることになるわけですから、悩んでしまいます。やっぱりディーラーの言うとおり、5,000 km に 1 度が無難なのでしょうか。Vitz の説明書には、交換の間隔についての記述はありません。なんだかすっきりしないなあ 🙁 。

カテゴリー
日記

Vitz が 15,000 km

15,000 km
15,000 km

僕の Vitz のオドメーターが 15,000 km をまわりました。2007 年 12 月に購入しまして、月 1,000 km、9 年で 108,000 km 乗って廃車にすることを目安にしています。今はちょうど、購入後 15 か月がたちましたから、計画は順調です 😉 。