松島 1 日目 その 2 駐車場

[googlemap lat=”38.365251″ lng=”141.05998″ width=”300px” height=”300px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]
宮城県宮城郡松島町松島字霞ケ浦21−15[/googlemap]

松島海岸 IC を抜けて、県道 144 号線を東に走ると、やがて国道 45 号線にぶつかります。ナビによれば、ここを右折して南下すると、大きな県営の駐車場があるということでした。最初の目的地であるマリンピア松島水族館には駐車場がなく、その県営駐車場が最寄りの駐車場のようです。

県営の駐車場は、松島海浜公園というところにありました。道中、民間の駐車場の管理人さんが、客寄せのために手を振っている光景を目撃しました。丸一日駐車して 500 円だそうです。なかなか安いのですが、こういう場合は公営の駐車場のほうが安い場合も多いので、まっすぐ県営の駐車場に進みました。

県営駐車場の料金表。駐車場の中に入らないと料金がわかりません。
県営駐車場の料金表。駐車場の中に入らないと料金がわかりません。

県営の駐車場はどこにも料金が書いてありませんでしたが、入口のゲートで駐車券をとる瞬間に、料金の表示がありました。最初の一時間 300 円、以降 30 分ごとに 100 円。今日はこれから 7 時間ほど駐車する予定なので、合計 1,500 円…あれっ、さっきの民間の駐車場のほうが圧倒的に安いじゃないか 😐 !

そういうわけで、車を停めたばかりではありましたが、早々に出庫し向かいの民間駐車場に再び車を停めなおしました。出庫に 300 円、民間駐車場に 500 円払いましたが、それでも一日停めると 700 円違います。そのうえ、県営の駐車場が無人であるのに対して、民間の駐車場にはおっちゃんが待機しています。やっぱり停めなおして正解だった気がします。

移動と駐車に疑問の多い松島ですが、いよいよ車を停めて観光開始です 😉 。ちなみに、僕が止めた民間の駐車場は、松島庵というお店の駐車場でした。ここの住所がなんと霞ケ浦。不思議な縁を感じます。

松島 1 日目 その 1 高速道路

国見 SA で食べた朝食のカレー。「煮込みカレー」550 円だったような気がします。
国見 SA で食べた朝食のカレー。「煮込みカレー」550 円だったような気がします。

自民党の追加経済対策による高速道路割引が始まって、今日で 2 週間目になります。先日の日記にも書きましたが、今日から彼女と一緒に松島に出かけることになりました。福島から松島まで、本来なら片道で 3,100 円かかる高速料金が、1,000 円になるのだから助かります。

喜び勇んで東北自動車道を走り抜け、仙台南部・東部・仙塩・仙台松島道路と、次々と高速道路を走りぬけて、目的地の松島海岸 IC に到着したのは出発から 2 時間後。自信満々に ETC のゲートをくぐったところ、出てきた料金が 1,750 円。

あれっ 😯

後で調べたところ、福島西 IC から先の道路は、

始点 路線 終点 距離 単価 管理 料金 割引後
福島飯坂 東北自動車道 仙台南 61.9 km 25.83 円/km NEXCO 東日本 1,750 円 1,000 円
仙台南 仙台南部道路 仙台若林 12.2 km 45 円/km 宮城県道路公社 550 円 550
仙台若林 仙台東部道路 仙台港北 9.6 km 35 円/km NEXCO 東日本 350 円 0 円
仙台港北 仙塩道路 利府中 7.8 km 35 円/km NEXCO 東日本 250 円 0 円
利府中 仙台松島道路 松島海岸 4.0 km 45 円/km 宮城県道路公社 200 円 200
合計 95.5 km 3,100 円 1,750 円

…と、このように、部分的に宮城県道路公社が管理する区間が混じっています。政府による追加経済対策で割引が適用されるのは、NEXCO 東日本の管理する高速道路だけであって、宮城県道路公社が管理する部分には適用されません。その上、公社の管理区間は 1 km あたり 45 円と、非常に高い料金設定になっているため、ちょっと走っただけで結構な金額を請求されることになっています。

まあ仕方がないか、と思える金額ではありますが、知らないまま請求されると、ETC の不具合ではないかと不安になりますよね。これから松島へお出かけの方はお気を付けください。