カテゴリー
Windows XP

PDF 出力ソフトウェアの簡易比較

完成した譜面を PDF ファイルで納品することが多いのですが、譜面を制作するために使用している Finale 2008 は PDF ファイルを作成することができません。サードパーティー製の PDF 出力ソフトウェアを別途用意する必要があります。

その用途のソフトウェアとして、長い間 PrimoPDF というソフトウェアを使用してきました。無料で使用できる良品なのですが、ファイル名に日本語を含むことができませんでした。また、バージョンが 4 になって以降は、以前と比べて動作が重鈍になるきらいもありました。

そんな折、PDF に透かしを入れるためにソフトウェアを検索していたところ、PrimoPDF と同等の機能をもったソフトウェアを多数見つけることができました。透かしを入れるソフトウェアについてはこちらにまとめておきましたが、いい機会なので、PDF ファイルを出力するソフトウェアも一度再評価してみることにしました。

PrimoPDF 4.1

先ほども書いたとおり、日本語のファイル名が出力できません。またバージョンが 4 になって以来、動作が重たくなってしまったように感じられます。フリーで使えるので、悪いソフトウェアではありません。文書のタグを書いたり、セキュリティを設定することもできます。

Finale のプリントボタンをプッシュしてから、PDF ファイルが完成するまでにかかる時間は約 6.8 秒、出力したファイルのサイズは 132 KB でした。

Zeon DocuCom PDF Driver

ScanSoft PDF Edit 2 Professional の体験版に付属してきた、PDF 出力ソフトウェア。さすがに高機能ですし、出力時間は同ファイルで約 5.4 秒、サイズも 116 KB と優れています。

ライブPDF 1.21

日本製のフリーソフトのようですが、どなたが制作なさっていらっしゃるのかさっぱり見えない、不思議なソフトウェアです。動作が遅く、同じ PDF ファイルの出力に約 8.8 秒かかりました。しかも、Finale の譜頭がうまく PDF 化できない不具合もありましたので、残念ながら導入することはできませんでした。

PDFCreator 0.9.6

SourceForge に登録されている、GPL の PDF 出力ソフトウェアです。PDF の出力に約 10 秒かかりましたが、出力されたファイルのサイズは 91 KB と、最も小さく出力できたソフトウェアでした。

まとめ

結局、どれも一長一短でした。個人的にはフリーのものから探すなら PDFCreator を使用するでしょうか。GPL で開発されているため、将来少しずつ改良されていく期待が持てますし、ファイルサイズが群を抜いて小さくなるのは魅力的です。

僕は PDF Edit 2 Professional の廉価版である『いきなり PDF Edit 2』を近々購入しようと思っているので、当面は DocuCom にお世話になることになりそうです。

カテゴリー
日記

コーデック比較記事が完成しました

先日行ったメヒコにて。必死にはぐはぐしているプレコちゃん。セルフィンかなあ?(2008-10-01 撮影)
先日行ったメヒコにて。必死にはぐはぐしているプレコちゃん。セルフィンかなあ?(2008-10-01 撮影)

タイトルの通りです。ようやく完成しました。長かった~ 🙂 。調査方法を変えたり、調査中に調査の間違いに気づいたり、データが変わっているのはわかっているのに聴いてはっきりと区別がつくものがなかったり、いろいろな困難がありました。

「コーデックとはなに?」という質問を受けたので、簡単にお話しします。コーデックというのは、MP3 などのことです。最近はよく電器屋さんにも「MP3 プレイヤー」というコーナーが設けてあったりしますが、あの MP3 です。

MP3 というのは、音楽などの音声データをコンピュータに記録する方法の一つです。コンピュータたちは CD の音楽を 1 分間およそ 100 万字分の「数値」を使って記録したり、再生したりしています。これには、音波の形が座標(グラフ中の高さ)のデータで記録されています。

MP3 はその情報を、1 分間あたりにおよそ 10 万字分の「計算式」に書き直して記録します。音波は膨大な量の数値データの羅列になるのですが、実は音というものはいくつかの曲線が消しあったり増幅しあったりして成り立っています。ですから、それらをひも解いた上でそっくりな曲線になるように式を立ててまとめてやれば、いちいち座標を記録しなくても元の曲線に近い曲線を記録することができるのです。

このようにデータを書きなおすことを「コード(code)する」と言い、コードした計算式を元の数値に戻すことを「デコード(decode)する」と言います。その両方を合わせて co/dec(コーデック)と言い、コードやデコードのルールをさす言葉として用いられています。つまり「MP3 コーデック」と言えば、MP3 という方法でコードしたり、デコードしたりするやり方のルールをさすわけです。

MP3 以外にもさまざまなコード方法があります。Windows Media Player などで使われる WMA や、iTunes などで使われる M4A などです。いずれも数値データを計算式に書き直すルールが異なっているので、同じ曲や音声でも出来上がる計算式が異なります。今回は、それらの差を調べていたのでした。

興味のおありの方はこちらからお進みください。mixi から携帯でご覧になっている方は、パソコンでアクセスなさってください。こんなにまともに文章を書いたのは卒論以来でしょうか。雑誌ライター時代を懐かしく思い出しました 🙂 。

カテゴリー
日記

コーデック比較終了

コーデックの比較と、結果の点数化がようやく終了しました。今のところはまだ書きかけではありますが、こちらのページから調査結果をぼちぼち書き始めていますので、よろしければご覧ください。完成したときには、またこちらでご連絡いたします。

結局、Ogg Vorbis 192 kbps VBR が総合的な音質・圧縮比評価が最も高いコーデックだということがわかりました。次点が同じく Ogg Vorbis の 256 kbps VBR、3 位は Windows Media Audio 10 Professional の 128 kbps でした。

カテゴリー
日記

できた!

信夫山へ続く道
信夫山へ続く道

音声の品質を数字で比較する方法を思いつきました 🙂 。これで僕の聴覚による主観的な感想と並べて、客観的なデータを示すことができるようになりました。算出結果は僕の聴覚による序列と似たような結果を示しており、再現の程度がわかります。

仕事の合間にちょこちょこと書いて、来週中にでも仕上がるとうれしいなと思っています。

カテゴリー
日記

音声圧縮比較中

2001 年~2005 年まで主力だった、Pentium III 800MHz 搭載の自作 PC。最近データ回収のため分解。ながらく予備の PC としてタンスのコヤシになっていましたが、そろそろ処分でしょうか
2001 年~2005 年まで主力だった、Pentium III 800MHz 搭載の自作 PC。最近データ回収のため分解。ながらく予備の PC としてタンスのコヤシになっていましたが、そろそろ処分でしょうか

音声の圧縮方式には、昔から様々なものがありました。mp3 をはじめ、RealAudio、WMA、Vorbis、そして AAC(m4a)。新しい方式ほど音の再現性は高いのですが、汎用性が低くなります。最終的に僕が mp3 で圧縮し続けることを決断したのは、やはりその汎用性の高さが決め手となったためでした。

mp3 エンコーダーが初めて世間に公表されたのは、1994 年の七夕のことでした。そして僕が初めて mp3 をエンコードしたのは 1995 年のこと。エンコーダーは AudioGrabber、CD はたぶんトルヴェール・クヮルテットの『イノセント・ドールズ』だったと思います。

当時僕が持っていた IBM Aptiva 770 のハードディスクは 1.6GB しか容量がありませんでした。そこに mp3 を格納していったら、たちまち容量不足に陥ってしまいます。ですから当時は圧縮したデータをフロッピーディスクに入れたこともありました。隔世の感があります 🙂 。

これだけ進歩の速い情報技術の中にあって、mp3 が 10 年以上にわたって主力の座を保ち続けたということは驚異的なことだと思います。しかし iTunes が AAC を世に広めてはや数年、次第に身の回りには AAC 対応の機器が増えてきました。

それじゃあ AAC の実力とはどのぐらいのものなのか。今後の自分はどの圧縮方式を採用するべきなのか。Windows Mobile 機器が手に入り、あらゆるフォーマットをいつでもどこでも再生可能な今、Windows XP SP3 をインストールしなおしたこの機に、もう一度考え直す時期が来たのではないかと思うようになりました。

そういうわけで、この日は圧縮の出力結果の比較をし続けました。圧縮方式ごとに音の再現度が異なるメカニズムは何なのか、僕なりにいろいろ考察して比較してみました。そのうち、結果がまとまればレポートにまとめたいと思っています 😎 。