松島 1 日目 その 1 高速道路

国見 SA で食べた朝食のカレー。「煮込みカレー」550 円だったような気がします。
国見 SA で食べた朝食のカレー。「煮込みカレー」550 円だったような気がします。

自民党の追加経済対策による高速道路割引が始まって、今日で 2 週間目になります。先日の日記にも書きましたが、今日から彼女と一緒に松島に出かけることになりました。福島から松島まで、本来なら片道で 3,100 円かかる高速料金が、1,000 円になるのだから助かります。

喜び勇んで東北自動車道を走り抜け、仙台南部・東部・仙塩・仙台松島道路と、次々と高速道路を走りぬけて、目的地の松島海岸 IC に到着したのは出発から 2 時間後。自信満々に ETC のゲートをくぐったところ、出てきた料金が 1,750 円。

あれっ 😯

後で調べたところ、福島西 IC から先の道路は、

始点 路線 終点 距離 単価 管理 料金 割引後
福島飯坂 東北自動車道 仙台南 61.9 km 25.83 円/km NEXCO 東日本 1,750 円 1,000 円
仙台南 仙台南部道路 仙台若林 12.2 km 45 円/km 宮城県道路公社 550 円 550
仙台若林 仙台東部道路 仙台港北 9.6 km 35 円/km NEXCO 東日本 350 円 0 円
仙台港北 仙塩道路 利府中 7.8 km 35 円/km NEXCO 東日本 250 円 0 円
利府中 仙台松島道路 松島海岸 4.0 km 45 円/km 宮城県道路公社 200 円 200
合計 95.5 km 3,100 円 1,750 円

…と、このように、部分的に宮城県道路公社が管理する区間が混じっています。政府による追加経済対策で割引が適用されるのは、NEXCO 東日本の管理する高速道路だけであって、宮城県道路公社が管理する部分には適用されません。その上、公社の管理区間は 1 km あたり 45 円と、非常に高い料金設定になっているため、ちょっと走っただけで結構な金額を請求されることになっています。

まあ仕方がないか、と思える金額ではありますが、知らないまま請求されると、ETC の不具合ではないかと不安になりますよね。これから松島へお出かけの方はお気を付けください。

カテゴリー
日記

帰省・2009 年春・4 日目

蓮サブレー。志ち乃にて。いつの間にこんな商品が。これじゃあまるで鳩…。
蓮サブレー。志ち乃にて。いつの間にこんな商品が。これじゃあまるで鳩…。

帰省最終日となりました。まずはお土産を買いに向かいました。土浦のお土産は:

  • 志ち乃のどら焼き
  • 久月のあんみつ
  • 柴沼醤油の紫峰

このいずれかが良いのではないかと思います。いずれも品がよく、高級すぎず、味も最高です。今日は志ち乃(しちの)へ行くことにしました。僕はここの梅どらが大好きです。

かね喜本店。母親のおごりで。おいしかったです。
かね喜本店。母親のおごりで。おいしかったです。

それから、福島で手に入らなかった、クリップ付きのマルチタップ(電源用)を探しに回りました。最初はジョイフル本田に行ったのですが、おしい商品しかなく、次にケーズデンキ(結局 3 日連続で行ったような…)にも行きましたが、完璧なものはなく。仕方がないので、Panasonic のマルチタップ用のクリップを買って、当面は我慢することにしました。福島ではこれすら手に入らなかった 😉 。

夕食をいただいたあと、母にお弁当まで持たされて、福島へ向けて走り出しました。20:40 頃出発して、ほぼ 50 km 走るたびに PA に入り(コーヒー党なので小用が止まらないのです 😳 )、福島西 IC から 10 km 弱の場所にある、最後の PA である松川 PA に到着したのが 23:50 頃。ほぼベストタイムです。

松川 PA。トラックがたくさんいます。ETC 深夜割引待ちなのではないかな、と思いました。
松川 PA。トラックがたくさんいます。ETC 深夜割引待ちなのではないかな、と思いました。

松川 PA には所狭しとトラックがぎゅうぎゅうに詰まっていました。おそらく、ETC の深夜割引を効かせるために、福島西 IC で降りる時間が 24:00 を過ぎるように、ここで時間稼ぎをしているトラックが相当数いるのではないかと思います。僕もそうですけれどもね 😉 。

トイレを済ませて、さあ出発しようかと思ったその時、一人の革ジャンの男性に声をかけられました。北に向かいたいとのことで、ルートがわからずお困りなのかと思ったら、なんとヒッチハイカーでした。座席は荷物だらけ、トランクもいっぱいですし、何よりこんな時間にヒッチハイカーなんて不気味すぎるので断りましたが、彼はその後どうなったのでしょうか… 😐 。

カテゴリー
日記

高速道路で仙台へ

国見 SA の売店、手前の青果市場ではあけびなんかも売っていました。あけびを見たのは小学時代以来のような気がします
国見 SA の売店、手前の青果市場ではあけびなんかも売っていました。あけびを見たのは小学時代以来のような気がします

僕が住んでいる福島市森合というところは、福島市中心部を北側に一歩出た場所になります。最寄の高速道路のインターチェンジは福島飯坂 IC というところで、そこから仙台宮城 IC までの距離は 67.5km。これなら ETC の通勤割引が使えます。

ETC の通勤割引を有効にするためには、朝 9:00 までに高速道路に乗らなければなりません。ところが準備に手間取って、家を出発したのは 8:45 頃。IC 直前からは時報をかけはじめ(笑)、福島飯坂 IC の ETC ゲートをくぐった時間はなんと 8:59:35 でした :oops:。

9:00 前までに高速道路に入ってしまいさえすれば、何時に高速道路から降りても通勤割引は有効です。福島飯坂 IC から乗ってすぐですが、国見 SA に入って朝食にしました。散々遅れたくせに、二人とも朝食を食べていないなんて(笑)。

こちらがレストランです
こちらがレストランです

国見 SA のレストランと売店の建物は大きく離れていて、トイレも別々についています。変わった構成だと思うのですが、どういう事情でしょうか。売店を新築して、古い建物をレストランに改装したとかそういうことなのかな。

朝食後は順調に東北自動車道を北上して、宮城県内に入りました。ちょうどこの日は定禅寺 Jazz Festival が開催されているので、用心して仙台南で降りました。降り口のゲートで表示された料金は 900 円、どうやら ETC 割引は効いていたようです。よかった 🙂 。