茨城のお土産品

久月のあんみつ売り場。
久月のあんみつ売り場。

この日は福島に帰る日だったのですが、高速道路の深夜割引が効くように、深夜になるまで待ちました。その間、実家に持ち込んだノートパソコンからブログを更新したりしていましたが、夕方頃にお土産を買いに出かけました。

先日の記事で志ち乃のどら焼きのことを書きましたが、今日はその記事で土浦みやげの 2 番目に書いてあった、久月のあんみつを買って帰りました。これまた日持ちのしない商品なのですが、上品でおいしく、大変喜ばれます。しかも、その割に安い(笑)。

友部 SA の納豆ケース。
友部 SA の納豆ケース。

帰りの常磐自動車道で立ち寄った友部 SA で、納豆土産の特設ケースが設置されていました。茨城県は納豆の産地として有名で、全国一の生産量を誇っています。みやげ物屋にこういうケースが設置されるのも自然でしょうか。対して、僕の住んでいる福島県は、納豆の消費地として有名で、全国一の消費量を誇っています。僕って納豆に縁がありますね 😉 。

このケースからは、MariEri さんらが歌う「納豆粘々」という曲がエンドレスで流されておりました。ほとんどずっと「納豆粘々粘々」と言い続ける、レトロな空気の漂う不思議な曲です。YouTube に動画がありましたので、ご覧ください 😉 。

コメントを残す