カテゴリー
日記

惰性

秋の空
秋の空

いつも必ず赤になる信号ってありませんか。時間帯とか信号機のタイミングとか、交通量とかの兼ね合いで、ほぼ毎日、ひっかかる信号は固定されていませんか。僕は毎日ほぼ決まった時間に家庭教師に行くため、ひっかかる信号はかなり固定されています。

この日もいつもひっかかる交差点で車を止めました。するとどういうわけか、僕の右側を一気に追い越して右折しようとする車が現れました「危ないな」と思っていたら、あろうことかその車は直進していきました。目の前の信号は青でした。

はっと気付いてサイドブレーキを下ろし、アクセルを踏んだら信号は黄色になりました。ルームミラーで後ろを振り返ると、5~6 台いた後続車はみな交差点に止まったままでいました。大変申し訳ない事をしてしまいました。

しかし不思議と、誰からもクラクションを鳴らされませんでしたし、ハイビームを当てられたりもしませんでした。後続の方々もみな、当然赤信号だと思ってらっしゃったかもしれません。ああ、これが惰性というものなのだなと、しみじみと感じ入ったのでした。

コメントを残す