カテゴリー
日記

福島のお土産

福島のお土産って何が良いのだろうかと、地元出身の方に尋ねてみると、皆さん口をそろえて「やっぱりこの時期は桃だねぇ」と。特に伊達でとれる桃がおいしいそうなので、さっそく購入することにしました。

…と思ったのですが、いったいどこで買えばよいのでしょうか。わからなかったので、再び地元の方に伺ってみました。「伊達の選果場で買うんだよ。」なるほど、そういう施設があるのですね、調べてみます、ありがとうございました。

…というわけで早速調べてはみたものの、Google Maps には「伊達の選果場」なる施設は存在していません。「伊達」「選果場」をキーワードにしてあれこれ調べてみたのですが、それらしい施設は見当たりません。選果場は保原にあると伺ったので、保原出身の方に尋ねてみましたら、「選果場?共選場のことじゃないかしら?」と。

Google Maps で今度は「共選場」をキーワードに調べてみました。確かに「東部広域共選場」という施設が見つかったのですが、ここが本当に桃を購入できる施設なのかどうか、今度はそれが気になります。共選場の写真をこちらで見つけましたが、どう見ても桃の選別と箱詰めを行う作業場にしか見えません。

しかし、最後の最後になって、興味深いものを見つけました。JA 伊達みらいの店舗・営業所一覧に、「東部広域選果場」という名前が載っていました。そしてこの施設の住所が…「東部広域共選場」とぴったり一致しているじゃないですか!

どうやら選果場はいつの間にか共選場と名前が変わったようです。きっとここで間違いないと信じて、はるばる保原まで乗り込んでみました。

東部広域共選場、どうやら元東部広域選果場。この中で桃の選別と箱詰めを行っているようです。
東部広域共選場、どうやら元東部広域選果場。この中で桃の選別と箱詰めを行っているようです。
共選場の敷地内にある直売所。ここで桃を売っていただきました。
共選場の敷地内にある直売所。ここで桃を売っていただきました。

納得のいく福島土産が手に入って、大満足です。この日もぎりたての超新鮮な桃ですから、2~3 日の輸送には余裕で耐えてくれるとの事。産地に住んでいるって素晴らしい 😉 。

カテゴリー
日記

お仕事と渋滞

故障中の自動販売機。こんなに暑くてよく売れそうな日に限って、ねえ。
故障中の自動販売機。こんなに暑くてよく売れそうな日に限って、ねえ。

100 年に一度といわれる経済危機の中で迎えたゴールデン・ウィークのため、経費を削減するためになるべく操業日を減らそうと、16 連休にしてしまっている企業も多いと聞きます。僕の音楽の仕事も不況の影響を受けて、定期的に入っていた大型の仕事は減りつつあります。それに比べると家庭教師の仕事は非常に安定しています。

家庭教師が一日の仕事を始めるのは、16:30~18:30 にかけてとなることが多いです。学生は昼間は学校に行っていますから、当然この時間になります。そのため、移動が退勤時間のラッシュにぶつかってしまうことが多いのです。自宅から家庭、そして家庭からまた別の家庭までの移動距離は 5~10 km 程度ですが、この時間帯は 1 km あたり 2~4 分ほどみなければなりません。

この前日の木曜日も、7~8 km 離れた家庭まで指導に行く日になっていました。そんなに渋滞するわけではないのですが、普段は 25~30 分ほどで到着する場所です。ところがその日はたったの 10 分で到着しました。あの大量の車はほとんど通勤の車だったのか、とか、本当に不況なんだな、とか、いろいろなことを考えながら走行しました。

この日は福島市街の南部から伊達市の保原町まで 17 km 近い移動を挟む日でした。保原町までは普段、僕の自宅から 15 km 走って 40~50 分かかります。この日はそれよりさらに移動しなければならず、そのうえ悪名高い渋滞スポットを 2 箇所も通らねばならないため、移動に 1 時間用意するという日程を作ったのが、ゴールデンウィーク前の話。昨日と同じく、この日も道路はガラガラ、保原までは 20 分ほどで到着しました。

マイカー通勤の自粛キャンペーンがたまに行われますが、本当にものすごい量の車が通勤で使われているのだと実感しているここ数日の僕でした。しかし、家庭教師はマイカー以外での移動はむずかしそうです。バスじゃ間に合わないし、タクシー代を出してくれる家庭もないでしょうしね。

ところで…写真はないのですが、この日保原に向かう県道上で、アスファルトが燃えていました。みんなで避けて運転していましたが、あれはいったい何だったのでしょうか…。

カテゴリー
日記

セルフレジ ― 失業はかくて生まれり

ヨークベニマル伊達店で見かけたセルフレジ
ヨークベニマル伊達店で見かけたセルフレジ

『チャーリーとチョコレート工場』の主人公チャーリーの父で、歯磨き粉工場に勤務するバケット氏が失業したのは、彼が務めていた生産ラインの一工程であるチューブのキャップ締めを、自動的に行うロボットが導入されたためでした。

機械化が社会にもたらしている恩恵ははかりしれませんが、その陰には必ずロボットに職を追われた人々が存在します。今まで積み上げてきたプライドや熟練を一気に奪われる無念さや、不本意な再就職を余儀なくされる苦痛は言語に絶するものだと思います。

家庭教師を終えて、彼女と食べる晩御飯を用意するため、ヨークベニマル伊達店に行ったところ、最新型のレジが置かれていました。これが噂の NEC 製セルフレジでした。2008 年 12 月から納入されている話を聞いていましたが、福島県内の店舗にはこれまでさっぱり導入されていませんでした。

セルフレジは正直言って楽しかったです。どこにバーコードがあるのかさっぱりわからない商品が多くて手間取りましたが、機械の前で商品を適当にぐるぐるまわしていると、そのうちヒットする事が多かったです。会計をしながら袋内のレイアウトもきちんと決められるので、二度手間にならない点も良いと思います。

しかしその陰で、こんな時勢の中、再就職を余儀なくされるチェッカーの方々がいるのかと思うと、胸が苦しくなります。「再就職できないのはスキルが足りないからです。」と言い切る方をテレビでよく見かけますが、人間の職業選択って、そんなに単純なものではないように思います。

冒頭のバケット氏がその後、歯磨き粉工場でキャップ締めロボットの整備士として再就職できたのは、このお話がフィクションだからだ、と思えない人が世の中多くなってきたということでしょうか。逆に、「選ばなければ仕事はある、仕事がないのは選んでいるからだ」なんていう話もよく聞きます。最近の雇用情勢下でそれがどこまで真実か知りませんが、人として生まれてきた以上、仕事は選んで当たり前じゃないですか 😉 !

カテゴリー
日記

伊達市内の診療所街

[googlemap lat=”37.822077832355674″ lng=”140.50530910491943″ width=”300px” height=”300px” zoom=”19″ type=”G_NORMAL_MAP”]福島県伊達市岡前20−8[/googlemap]

彼女がちょっと大きな歯医者さんに行く用事があって、言われたところに連れて行ったところ、びっくりしました。なんと、診療所がたくさん集まって、ちょっとした診療所街を作っていました 😉 。

伊達市内にある診療所街。
伊達市内にある診療所街。

写真の左手前から奥へ、かしの木内科クリニック、アイミー薬局伊達店、てぃあめがね伊達店、右奥から手前へ伊藤皮フ科クリニック、おおこうち眼科、そして伊達デンタルクリニックの 6 つ。薬局と眼鏡は診療所ではありませんが、いやあ福島にもこんな所があったんですね。いったいどなたの呼びかけで作られたのか、気になります 😉 。

「診療所街」に相当する英語も、辞書ではなかなか見つかりませんね。どうやら “Clinic Complex” というのが最もいいようです。”Clinic Town” という言葉は英語圏には無いようです。