松島 2 日目 その 1 ホテル海風土

海風土のエントランス。
海風土のエントランス。

朝 5:00 頃、彼女が起きたのに気づいて、僕も起きました。前日にチェックインしたときに、朝食や夕食の時間がかかれた紙をフロントで受け取っていたのですが、その紙には日の出の予定時刻が 5:16 であることも書かれていました。

カメラの時計で 5:18、日の出の瞬間です。
カメラの時計で 5:18、日の出の瞬間です。

ホテルの最上階にある展望風呂の営業開始時間が「日の出の時間」となっているために書かれているのでしょうが、せっかく日の出の時刻がわかったのだから、ぜひ眺めてみようと思った彼女がアラームをセットしていたのでした。日の出の瞬間を見たのは、生まれて初めてだったかもしれません 😉 。

眺望風呂からの眺め。朝日がとてもきれいです。
眺望風呂からの眺め。朝日がとてもきれいです。このアングルはかをるさんのまねです。

朝は展望風呂に行ってみることにしました。展望風呂は一つしかなく、僕らが宿泊したときは朝が殿方で婦人が夜でした。彼女が前日の夜に入ったところ、何も景色が見えなかったとの事だったので、他のお客さんがあがったところを見計らって、何枚か撮影してみました。朝日の中のお風呂は幸せです。

風呂上りに部屋から撮影しました。まぶしい!
風呂上りに部屋から撮影しました。まぶしい!

朝食をいただいたあと、片づけをしてチェックアウトしました。駐車場に関して前日に少々困ったことがあったものですから、帰り際にフロントの方に、車はどうするのが一番良いのかと尋ねたところ、なんと海風土の駐車場に止めておいて、歩き回ってくるとよい、と言ってくださいました。おそらく翌日が平日だからだと思いますが、いやあ助かってしまいました!

松島 1 日目 その 2 駐車場

[googlemap lat=”38.365251″ lng=”141.05998″ width=”300px” height=”300px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]
宮城県宮城郡松島町松島字霞ケ浦21−15[/googlemap]

松島海岸 IC を抜けて、県道 144 号線を東に走ると、やがて国道 45 号線にぶつかります。ナビによれば、ここを右折して南下すると、大きな県営の駐車場があるということでした。最初の目的地であるマリンピア松島水族館には駐車場がなく、その県営駐車場が最寄りの駐車場のようです。

県営の駐車場は、松島海浜公園というところにありました。道中、民間の駐車場の管理人さんが、客寄せのために手を振っている光景を目撃しました。丸一日駐車して 500 円だそうです。なかなか安いのですが、こういう場合は公営の駐車場のほうが安い場合も多いので、まっすぐ県営の駐車場に進みました。

県営駐車場の料金表。駐車場の中に入らないと料金がわかりません。
県営駐車場の料金表。駐車場の中に入らないと料金がわかりません。

県営の駐車場はどこにも料金が書いてありませんでしたが、入口のゲートで駐車券をとる瞬間に、料金の表示がありました。最初の一時間 300 円、以降 30 分ごとに 100 円。今日はこれから 7 時間ほど駐車する予定なので、合計 1,500 円…あれっ、さっきの民間の駐車場のほうが圧倒的に安いじゃないか 😐 !

そういうわけで、車を停めたばかりではありましたが、早々に出庫し向かいの民間駐車場に再び車を停めなおしました。出庫に 300 円、民間駐車場に 500 円払いましたが、それでも一日停めると 700 円違います。そのうえ、県営の駐車場が無人であるのに対して、民間の駐車場にはおっちゃんが待機しています。やっぱり停めなおして正解だった気がします。

移動と駐車に疑問の多い松島ですが、いよいよ車を停めて観光開始です 😉 。ちなみに、僕が止めた民間の駐車場は、松島庵というお店の駐車場でした。ここの住所がなんと霞ケ浦。不思議な縁を感じます。

カテゴリー
日記

会津若松日帰り観光

JR と会津鉄道の西若松駅。付近には高校が多く、高校生がたくさん乗り降りするそうです。とっても大きくて立派な駅ですが、最近できたもののようです。
JR と会津鉄道の西若松駅。付近には高校が多く、高校生がたくさん乗り降りするそうです。とっても大きくて立派な駅ですが、最近できたもののようです。

実家に帰省していた彼女と西若松駅で待ち合わせ、そのまま会津若松市内を観光することにしました。とはいっても、若松市内は見るべきところがたくさんあるので、この日は鶴ヶ城に的を絞って見ていくことにしました。

鶴ヶ城の地図。本文のテキストを読む参考になるでしょうか。
鶴ヶ城の地図。本文のテキストを読む参考になるでしょうか。ちなみに、向かって左側が北です。

鶴ヶ城の観光は、駐車場を探すところから始まりました。富士通り側から鶴ヶ城の案内のある交差点を西進すると、「鶴ヶ城三の丸駐車場左折」という標識のある交差点にたどり着きます。言われるままに左折しようとすると、彼女の携帯電話のナビが「直進です」と言ってきます。

ガイドさんに案内してもらわなければ、おそらく気付かずに素通りしていたであろう月見櫓からの天守閣。ここから見る天主が最も美しいとのことですが、確かにそのとおりです。
ガイドさんに案内してもらわなければ、おそらく気付かずに素通りしていたであろう月見櫓からの天守閣の眺め。ここから見る天主が最も美しいとのことですが、確かにそのとおりです。

最初はその意味が理解できなかったのですが、鶴ヶ城に 2002 年の 11 月 3 日に家族で来た時にも三の丸駐車場に車を停め、帰りにその駐車場が裏口だったことに気づいたことを思い出しました。あらためてナビの言う通りに走ると、三の丸駐車場への交差点を直進してしばらく走ったところに、西出丸駐車場につながる鶴ヶ城公園の正門らしきものが見つかりました。6 年半越しにようやく、正門にたどり着くことができたようです 😉 。

この石垣の写真には、歴史的遺構が捉えられていますが、皆さんお分かりになりますでしょうか。わからない方は、現地でガイドの方に尋ねてみてください。
この石垣の写真には、ただ石垣があるということ以外にも、とある歴史的遺構が捉えられているのですが、皆さんお分かりになりますでしょうか。わからない方は、現地でガイドの方に尋ねてみてください。

正門を入ると、北出丸の内部を車で通過して、西出丸駐車場に向かうことができます。お城の石垣の中を車で通過したのは初めてでした。ちょっとしたワクワク感がこみあげます。

日本の桜名所 100 選に選ばれている鶴ヶ城。桜の開花も間もなくです。見頃は 4 月中旬だとか。
日本の桜名所 100 選に選ばれている鶴ヶ城。桜の開花も間もなくです。見頃は 4 月中旬だとか。

城内は、ボランティアの方によるガイドをお願いしてまわりました。どんなガイドを受けたのかは、各写真のキャプションに書かせていただきましたので、そちらをご覧ください。城内には案内板が多数あって、きちんと読んでいけば大きな見逃しは起こらないはずではありますが、やはりガイドの方がいらっしゃると全然違います。

東山温泉の車道。まさかこんな所を車で登らせるとは…。僕は怖気づいて車で走れませんでしたが、ここを登ってお店の駐車場に車を停めているお客さんもいました。僕の運転はまだまだ未熟のようです。
東山温泉の車道。まさかこんな所を車で登らせるとは…。僕は怖気づいて車で走れませんでしたが、ここを登ってお店の駐車場に車を停めているお客さんもいました。僕の運転はまだまだ未熟のようです。

鶴ヶ城を後にすると、時刻はすでに 17:00 過ぎになってしまいました。もう夕食をいただいて帰るほかないということになり、この日のお昼に食べ損ねた若松名物のソースかつ丼のお店を探すことにしました。なぜ食べ損ねたのかというと、現地のコンビニで購入した観光ガイドに唯一載っていたソースかつ丼屋さんが、あいにく定休日だったためです。しかし、よく見るとその観光案内には若松市街のほかに東山温泉という項目があり、そこにもソースかつ丼のお店が紹介されていました。この東山温泉は、若松市内から車で 10 分足らずの場所にありますから、さっそく行ってみることにしました。

この日行ったソースかつ丼のお店、卯之家。この日のお食事ではここが一番でした!
この日行ったソースかつ丼のお店、卯之家。この日のお食事ではここが一番でした!

山の中なので GPS が不調だったり、あまりにも細すぎる道に僕が気づかなかったりと、紆余曲折の道のりでしたが、ようやく「卯之家」というお店にたどり着きました。おそらく一番ベーシックな、無印の「ソースかつ丼」を注文して、いただきました。期待以上のお味に満足して、若松を後にすることができました。

カテゴリー
日記

コラッセの駐車場

コラッセのロビー。気分がいいです。
コラッセのロビー。気分がいいです。

確定申告に行ってきました。会場は福島税務署ではなくて、コラッセふくしまという駅前の施設です。ここのロビーは 1 階から 4 階までの吹き貫きになっていて、メンテナンスは大変だろうけれど気分がよくて好きです。確定申告の提出コーナーも、そこに設置されていました(作成会場は 4 階)。

コラッセふくしまには駐車場が併設されていますが、駅前だからでしょうか、有料です。料金は 30 分あたり 100 円で、最初の 30 分だけ無料になります。この駐車場のすぐ隣、コラッセの駐車場と間違えて多くの人が車を停めてしまいそうな場所に、民間の駐車場も設置されていて、そちらも 30 分 100 円なのですが、無料時間がありません。

民間の駐車場がまるで詐欺のようなことをやっているのかというと、実はそうでもありません。コラッセふくしまの駐車場は、駐車料金に上限がありません。ですから、朝 9:00 から夜 18:00 までの研修のために 9 時間以上停めようとすると、駐車料金が 1,800 円を超えることになります。

ところが、民間の駐車場は 1 日 1,000 円が課金の上限になっています。ですから長時間停める場合には、コラッセの駐車場に車を停めないほうがよい、ということになります。実際、コラッセは多くの資格などの年次研修会場として利用されているため、長時間駐車する人は案外多いのです。

郵政をはじめ、僕はたいがいのものの民営化には慎重な意見を持っている人間です。しかし、こういうところこそ民間の駐車場に運営を委託してしまって、コラッセで 100 円の駐車券を発行するようにすればよいのではないかと思うのですが、どうなのでしょうか 😉 。

カテゴリー
日記

怒りと悲しみ

多くの方のメールに返信できず、申し訳ありません。

昨年の 12 月 10 日ごろより、塾の冬期講習のテキスト作りが始まりました。朝起きてから夜寝るまで、片時も休まず準備をしなければならない生活が続き、6 日にようやく冬期講習を終えたと思ったら、自宅の駐車場で駐車していた僕の車が、バスに擦り逃げされてしまいました。

それから 3 日間、警察に出頭して犯人探しを依頼したり(見つかりました)、保険会社や修理工場の方々に連絡を取ったりしていました。日中仕事がない貴重な 3 日間となるはずだったのに、結局バスのせいで散々な目に遭っています。バスの運転手側に修理費用を持っていただけることになりましたので、さっさと修理したいのですが、どう修理するかも頭の痛い問題です。

へこみを治すために板金をすれば修理部分の塗装の種類が変わり、かといって、再塗装を避けるため研磨で済ませてもへこみは治らず、どちらを選んでもデメリットがあります。一度ぶつけた車を完全に元通りにすることはできません。信頼できる研磨屋さんを知っているのですが、現在研磨の仕事を受け付けておらず、頼みの綱を失ったようで大変つらい状況です。

何も悪い事をしていないのに、擦り逃げされて犯人探しから修理工場の選択、修理方法の選択まで頭を悩ませなければならないなんて!洗車傷を嫌って、いつも自分で手洗い洗車をし、服や荷物を擦られたりする事を嫌って、なるべく駐車場の空いている所に車を停め、こすったりしないようになるべく安全運転に心がけてきたのに、よりによって僕の自宅の駐車場を旅館の駐車場と間違えて停めたバスに当てられるなんて、悔しくて悔しくてたまりません。

一昨年は元旦に信号で停車中に後ろから追突されました。その約一年後、コンビニの駐車場で酔っ払いに車を殴ったり蹴ったりされて、修理する羽目になりました。さらに一年後、今度はバスに擦られました。どうも車に関しては全くツイていないようです。

明日から 3 日間はまた全日指導の日々が続きます。その間にぶつけられたり擦られたりして、話がややこしくならないよう祈るばかりです。

カテゴリー
日記

駐車場にとまれない

見知らぬステップワゴンに車に駐車場をとられて、とめられない Vitz
見知らぬステップワゴンに車に駐車場をとられて、とめられない Vitz

くたくたになって帰宅して、さて車をとめて寝ようかと思ったら、なんと自分の契約している駐車場に見知らぬ車が停車してしまっていました。車種はホンダ 2 代目ステップワゴン前期型、前日には隣の駐車場スペースにとまっていた車です。

時刻は 21:56、ここは警察にお願いするしかないだろうと思い、110 番しました。

「事件ですか事故ですか?」
「いや、事件事故ではないのですが、」
「チッ、なんだよ!」

そういえば 110 番というのは、事件事故専用の緊急電話番号でしたね。ちょっと緊急度が低かったかな、と思い反省。しかし、とりあえず話をしてみました。

「すみません、見知らぬ車が私の契約している駐車場にとまっているのですが」
なんだ、それを早く言いなさいよ、場所はどこ?」

急にお巡りさんの対応が良くなり、声も穏やかになりました 🙂 。

「福島県立図書館の近くなのですが」
「それじゃあ、福島警察署にかけなおしてね。電話番号はね…」

というわけで、残念ながら 110 番の守備範囲ではなかったようですが、怒られはしませんでした。ほっ。

「もしもし、福島警察署です」
「すみません、実は私の駐車場に(略)ナンバーは福島○○○の○、○○○○です」
「そうですか、ちょっと所有者さんに連絡とってみますから」

待つこと 15 分ほど、警察署から折り返し電話がありました。結局所有者と連絡が取れないので、出動するということでした。さらに 10 分後に再び電話。

「もしもし、所有者さんと連絡がつきまして、すぐに動かすとおっしゃっていますので、我々は出動いたしません、よろしくお願いします」

しかし、待てども待てどもやってこない所有者。うちの近所に駐車禁止じゃない道路なんてないですから、路上駐車することもできません。仕方なく Bookoff で暇つぶし。23:00 頃まで待って再び向うも、やはり車は居すわったまま。

結局車を駐車できたのは、マクドナルドから帰ってきて、日付が変わってからでした。どうして間違い駐車をしてしまったのか理由はわかりませんが、勘弁してもらいたいですね。

カテゴリー
日記

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

山梨県富士学苑高校ジャズバンド部のリハーサル中の様子。遠くてよくわかりませんでしたが、たしかバリトンサックスの子の MC が高校生離れしたうまさで感心しました!
山梨県富士学苑高校ジャズバンド部のリハーサル中の様子。遠くてよくわかりませんでしたが、たしかバリトンサックスの子の MC が高校生離れしたうまさで感心しました!

PC のケースを買いに仙台に行ったわけですが、この日はたまたま定禅寺ストリートジャズフェスティバルも開催されていましたので、せっかくなので行ってみました。最後の PC ショップを出たあと、勾当台公園地下駐車場に車を止めたのは 17:00 過ぎごろ。

夜の定禅寺通りのピアノトリオの模様。この界隈はお客さんの年齢が高めでした
夜の定禅寺通りのピアノトリオの模様。この界隈はお客さんの年齢が高めでした

とにかくすごい人でした。メイン会場はちょうど夕方の部と夜間の部の入れ替え中で、席を確保するのによいタイミングだったと思うのですが、それでももう座る場所はなくなっていました。ステージ上では夜間の部の団体がリハーサルをしています。

ビッグバンド。確か栃木県の日光市から来ているとおっしゃっていました
ビッグバンド。確か栃木県の日光市から来ているとおっしゃっていました

とにかく、歩いても歩いてもライブ中という、素晴らしい状況でした。円形公園ではディープパープルのコピーバンドがいて、メイン会場となりではホーンセクション付きのファンク系 R&B バンド、その隣の定禅寺通りではピアノトリオのセッション、通りの奥にはビッグバンド。

ぎりぎりお互いの音が邪魔にならない、絶妙な間隔をあけてステージが設置されていました。昔バンドをやっていたころに、メンバーに「出てみようよ」と誘われたのを断ったことがありましたが、やっておけばよかったと激しく後悔しました。

出ているバンドはみな素晴らしかった!バンドを続けていくこと、維持していくことは本当に大変だと思います。僕は結局やりきれなくなって辞めてしまいましたが、高校生から銀髪バンドマンまで演奏しているのを見て、自分はまだまだだなと、ちょっと恥ずかしくなりました。