カテゴリー
日記

ロブスタ種のコーヒー豆

ロブスター種のコーヒー豆の入った袋。珈琲屋 Beans にて。
ロブスター種のコーヒー豆の入った袋。珈琲屋 Beans にて。

コーヒーがなくなったので、昨秋以来行きつけている珈琲屋 Beans に買いに行きました。先日コーヒーを買いに来た時にロブスタ種の話になり、「どこかにあったはずだから探しておきます」、なんて言っていただいていたのですが、この日伺ったところ「発見しました」とのこと。さっそく焼いていただきました。値段は 450 円。さすがに安い(笑)。

コーヒー豆はコーヒーノキという植物の実から作られます。このコーヒーノキには世界に 66 の品種があるそうですが、僕らがよく飲んでいる、たとえばモカとかキリマンジャロ、ブルーマウンテンなんていうブランドのコーヒーは、すべてアラビカ種というコーヒーの実から作られます。ブランド名は、地名が中心になってつけられていることが多いです。

飲用コーヒーの生産量の 8 割がアラビカ種のものなのだそうですが、残りの 2 割を占める、もう一つのコーヒーの品種があります。それがロブスタ種です。缶コーヒーの味と、家庭でドリップするコーヒーの味が違うと感じることはありませんか。あの缶コーヒーの独特の風味こそが、ロブスタ種の味わいなんだそうです。

ロブスタ種は主にインドネシアで栽培されています。アラビカ種に比べて風味が劣るのですが、屈強な品種で高収量であるため価格が安く、コーヒー味の加工食品に使われているようです。

Shinsuke.com リニューアル進行中。
Shinsuke.com リニューアル進行中。

それから、この日はお仕事をお休みさせていただいて、ずっとやろうと思っていた Shinsuke.com のコンテンツの整理整頓作業を行いました。昨秋に、画面上部に並んでいた各専門ページへのリンクと同じものを、アイコン付きでページ右側のサイドバーにも作りましたが、それは最終的に画面上部にブログのエントリのカテゴリを表示するための作業だったのです。ブログをやってらっしゃらない方にはさっぱりな言い方ですね(笑)。そのうち「Shinsuke.com のご利用方法」なんて書こうかと思いますが、要するに mixi っぽくした、といえばわかりやすいでしょうか。

コメントを残す